2010年05月06日

出稼げば大富豪の兄貴テレビ出演

ある塾の塾長から「出稼げば大富豪」という本を読むことを
薦められましたので購入して読んでみました。 
出版社はKKロングセラーズです。

クロイワ・ショウという近畿大学生物理工学部卒で
現在国立の奈良先端科学技術大学院大学で学び

年商29万円の貧乏大学発ベンチャー社長が
インドネシアのバリ島に住む大富豪丸尾孝俊さん(44歳)通称「兄貴」から
商売のやり方など学んだことを本に書いています。

兄貴は現地に家20軒・会社23社のオーナーにして大地主。
異国の地で一文無しから16年で巨万の財をなした日本人です。

そんな兄貴は中卒で昔は大阪の暴走族1800人を率いていた総長です。

でも兄貴の亡くなったおじいちゃんは大阪大学医学部出身のお医者さんでしたが
息子つまり兄貴の親父はボンボンで外で酒を飲んでは借金を作り
兄貴の母親に暴力をふるったため兄貴が3歳の時に母親は家出。

兄貴は中学卒業後「看板屋」に住み込みの丁稚として就職。
その後運送会社や吉本興業鰍ネどを経て20代後半で単身バリ島に渡る。

昨日関西テレビGW特集で16:00-18:00に
「偉人変人たかじん」という番組で
この兄貴が登場することを知り番組を見ました。

番組は3部構成で1部は美空ひばりとビートたけし
2部はマイクロソフトのビルゲイツとアップルのスティーブ・ジョブス
3部はやしきたかじんとバリ島の大富豪兄貴でした。

出演者はやしきたかじん、宮根誠司、真鍋かおり、勝谷誠彦、水道橋博士、
金子哲雄(流通ジャーナリスト)、関西テレビの藤本景子アナウンサー。

3部はやしきたかじんがバリ島の大富豪丸尾孝俊さんを現地に訪ねたのですが
パトカーが空港に迎えに来てパトカー先導でやしきたかじんの乗るバスを
兄貴の住むヌガラに案内していました。

兄貴の自宅ではバリ島の音楽・踊りでたかじんを歓迎していましたが
踊っている女性たちは全員婦人警官でした。

16年前に兄貴はバリ島に何度か遊びに来て
現地の人々は素朴で温かく昔の大阪の雰囲気があると感じ

コーラーを飲んだら生温かいので
冷蔵庫をレンタルする商売を思いついたそうです。

兄貴は派手な格好をしていたので現地の人たちは兄貴を金持ちと思い
金を借りに来たので金を貸してあげました。

現地の人たちは律義な人たちで借りたお金を返してきましたが
中には返せないので土地の権利書をくれる人もいたそうです。

兄貴は土地権利書をもらっても外国人なので登記ができないため
後に奥さんになる現地女性の名義にしました。

そしたら300万円の土地が2億8千万円に値上がりし
その中から7000万円で土地を購入したら
その土地が14億円にもなってしまったそうです。

現在兄貴は不動産開発の仕事を中心にしていて
700ヘクタールの土地を所有しています。

資産は2000億円-3000億円なるそうです。

兄貴が資産金額を明かさないので
やしきたかじんが独自に計算すると
安く見積もっても2000億円になっていました。

兄貴は得たお金を次々と回転させていっているそうです。

兄貴は現地の小学校などにいろいろ寄付をしていますが
それは現地の方々に日本をよく思ってもらいたいからと話していました。

やしきたかじんは橋下大阪府知事や平松大阪市長たちと
「大阪あかるクラブ」を作っているので大阪にも寄付をお願いしていました。

たかじんは府か市の土地を無償で借り10億円のコンサートホールを
建て自分も歌いたいと言っていました。

出演者たちはやしきたかじんと兄貴がテレビ画面で対談していると
親分二人がいるみたいと言っていましたが私も同じように感じました。

一流大学を出て一流会社に入社し安定を求める人生よりも
中卒ながら大富豪になった兄貴の人生のほうがはるかに魅力的です。

彼のリーダーシップには鳩山首相も勝てないのではないかと思えました。


posted by 上杉鷹山 at 16:05| Comment(1) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

スピードサクセスアクションプラン

私は2007年11月23日から25日までの3日間
シンガポールのSingapore Expoで開催された
ハーブ・エッカーの「ミリオネアマインドセミナー」に参加しました。

ハーブ・エッカーに関しては本田健が彼の著書を翻訳し
「ミリオネア・マインド大金持ちになれる人」という本を
三笠書房から発行しています。

そのセミナーで同時通訳をされていました井口章さんから先日送られてきました
ビデオの中で彼が5月2日から3日間スピードサクセスセミナーを開催するに当たり
上記の記事タイトルで話をされていました。

役立ちますので参考に内容をまとめてみました。


成功の80%は心理学(マインドセット)で残り20%がやり方(スキル)である。
私たちには”自分は十分ではないのではないか?”
”自分は愛されてないのではないか?”という二つの恐怖があります。

→恐怖との付き合い方・恐怖をコントロールの仕方を知る必要がある。

人生とは何か? 私たちは感情を得るために生きている。 感情が行動の源である。

感情を変える3つの要素 

1.体の使い方 2.言葉の使い方 3.Focus(焦点)→感情を作る。

人生の意味付けを変える。すなわち唯一コントロール出来るのは「意味」だけである。


6つのヒューマンニーズ

 1.確実性、安全 2.バラエティー、不確実性 3.自己重要感

 4.愛と繋がり  5.成長  6.貢献


コミュニケーション、 人生の質=コミュニケーションの質

 ・自分とのコミュニケーション(重要、私たちはこれが出来ていない)

 →明確さは力→意味づけが人生を決める→意味を変える→人生が変わる

 ・他人とのコミュニケーション


コミュニケーションの三つのタイプ

  1.言葉 7% 2.声のトーン 38% 3.体の使い方 55%(重要)


2つの重要なマインドセット

  1.何が起こるかは問題ではない、重要なのはあなたが何をやるか

  2.自分が変化の中心になる→変化をもたらす最大の要因はモデリング

(やり方をまねる)、自己投資→どういう人間になったか?


究極の成功方程式

 1.欲しい結果を明確にする 2.欲しい理由を明確にする

 3.大量行動を取る 4.自分が何を得ているかを知る

 5.アプローチを改善する


永続的な成功のためのマインドセット

 1.今、変わらなければならない

 2.私が今、変わらなければならない

 3.私が今、変えることが出来る
posted by 上杉鷹山 at 15:36| Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

ドバイでのキス

私は30代の頃にドバイへ何度も出張していました。

イスラム教ではアルコールの飲酒は禁止されていますが
ドバイではホテルの中だけは可能でした。

昔ドバイはイギリスの保護領だった関係もありイギリス人を多く見かけました。

私の泊っていたホテルのレストランでは
毎晩ボーカルの若いイギリス女性二人を含めたイギリスのバンドが演奏していて
まるでロンドンのクラブにでもいるような感じでした。

週末の夜私が食事をしながら演奏を聴いていたのですが
時間が経ってくるとイギリスの若者たちがぞくぞくと入店してきて
飲酒している若い男女でいっぱいになりました。

ドバイの航空会社の航空機を利用すると
客室乗務員としてイギリス女性たちが勤務しているのを目にしていましたが
彼らたちは昼間ドバイでどんな仕事をしているのかと思ったものです。

若者たちがアルコールを飲めばいろいろ問題が起きるのではではないかと
当時から思っていましたがやはり問題が起きているのです。

今日の毎日新聞朝刊に「レストランでキスに禁固1月」という見出しで
下記のようなカイロ共同の記事が載っています。


アラブ首長国連邦(UAE)ドバイで英国人の男性(24)と女性(25)のカップルが
「公の場でキスした」などとして昨年11月に一時逮捕され
今年1月裁判所から禁固1月の判決言い渡されていたことが14日分かった。
ドバイ英字紙ガルフニュースなどが伝えた。

ドバイは多くの観光客を受け入れているが
地元住民は保守的なイスラム教徒が中心で
公の場で性的と受け止められる行為は禁止。

同紙などによると2人は「あいさつとしてほおにキスしただけ。
唇には触れておらず違法ではない」として同日上訴した。

ドバイの海岸近くのレストランで2人が酒を飲んでキスをしているのを
地元女性らが目撃し当局に通報。
その後釈放されたがパスポートを取り上げられているという。



私が滞在していた当時と現在とでは時代がかなり違いますが
ドバイへ行けばやはりここは中近東のイスラム教の国であることを
よく認識しておくことが大事ではないでしょうか。

posted by 上杉鷹山 at 17:36| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

情報ビジネスで稼ぐ方法

村上むねつぐさんのビデオから学んだことを書いてみました。

情報商品売る利点は
1) 軍資金がいらない。
2) 人間のリスクがいらない。一人で始められる。
3) 安い値段でテストが出来る。例えばPDFなどを使う。
4) 時間的リスクが少ない。短期間に制作出来る。
5) 利益が大きすぎる。
6) 長い時間価値を保てる。
7) 場所のリスクがない。
8) チャンスが到来。今がチャンス。

マインドセットを変えるには
1) 従業員マインドセット(時間)から起業家マインドセット(価値)へチェンジする。
2) 専門家からマーケッターになる。視点を自分からお客さんへ変える。
3) やる人から終わらせる人へ。
4) 全てはテスト。
5) 上手く行かないことは止めて上手く行くこと続ける。
6) 成功率は20%。
7) 商品はお客さんのために作り自分のために商品を作らない。
8) 初心者の気持ちを忘れない。
9) お客さんは普通の人である。
10)人はあなたにお金を払いたくない。
11)情報は流動性の高い貨幣である。
12)価値が下がりにくい。
13)情報をキープしない。情報を得たら売る。
14)マインドセットが全て。

あなたが現金を手に入れる究極の3ステップ
1) 恐怖・不安・心配・痛みに共感して信頼を得る。
2) テクニックを見せて信頼関係を築く。
3) 問題を解決して人間関係を築く。
posted by 上杉鷹山 at 17:18| Comment(1) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

サウジアラビアのバレンタインデー

昨年9月29日の私のブログでもサウジアラビアのことを書きましたが
今日の毎日新聞夕刊のサウジアラビアの記事を読み
サウジアラビアらしいと思ってしまいました。

夕刊の記事の見出しは「バレンタイン連想、赤い商品一斉摘発、
サウジ宗教警察」というカイロ共同です。
記事の内容は次の通りです。



キリスト教に起源をもつバレンタインデーは「ご法度」。

イスラム教聖地を抱えるサウジアラビア宗教警察(勧善懲悪委員会)が
11日、14日のバレンタインデーを連想させる「赤いバラ」などの赤い色の商品の摘発を
全国一斉に始めた。 
AP通信などが報じた。

サウジは女性の車の運転が禁止されているなどイスラム諸国でも最も保守的な国。
サウジ当局者によると宗教警察が巡回を強化。

赤いバラやハート形のグッズ、贈り物の赤い包み紙などを店頭から撤去するように指導
ホテルやレストランに特別の飾り付けをしないよう命じている。

宗教警察は「従わない者は処罰する」と警告している。
ただ、こうした商品はバレンタインデー以外の時期には販売が許されているという。



私は何度も長期出張でサウジアラビアを訪れたことがありますが
中近東旅行ガイドブックに写真を撮る場合
特に女性にカメラを向けないように注意することが書かれていたため
出張中に問題を起こしたくないので写真を撮ることがありませんでした。

滞在中はいつもどこか緊張感がありサウジアラビアを離れ
シンガポールまで戻ってきた時には本当にほっとしたものです。
posted by 上杉鷹山 at 19:24| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

アサヒビールの新社長は京産大出身

私は2月9日の毎日新聞の経済欄を見ていて驚いてしまいました。

アサヒビールの新社長に泉谷氏という見出しで泉谷直木氏の写真が載っていて
泉谷専務が社長兼最高執行責任者に昇格するトップ人事が発表されていたのです。

泉谷氏の経歴を見ると京都産業大学卒で1972年にアサヒビール入社となっています。
京産大からアサヒビールという大会社の社長になられたことにびっくりしてしまいました。

京都の大学なら京都大学・同志社大学・立命館大学出身の
アサヒビール社長には驚きはしませんが京産大なのです。

一昨年には京産大の益川敏英教授がノーベル賞を授与されたことは有名ですが
益川教授は名古屋大学出身で京都大学の助手の頃に論文を発表されました。

京産大出身で最も有名な人は落語家の笑福亭鶴瓶です。
それに1973年に「赤とんぼの唄」が爆発的ヒットして有名になった
「あのねのね」コンビの清水国明・原田伸郎です。

お笑いタレントでは北野誠、石田靖などがいますし
女性ならハイヒールリンゴ、ディスクジョキーの谷口キヨコもいます。

ラグビー部や野球部なら強豪なので社会人やプロ選手として活躍している卒業生もいますが
経済界それも大企業となると私は全く知りません。

泉谷氏は優秀で入社後に頑張られ社長になられたのでしょう。
今後も京産大から泉谷氏の後を追って優秀な経済人が誕生するのではないでしょうか。

2月7日に行われた第59回別府大分毎日マラソンで
初マラソンながら日本人トップの4位に入った
大塚製薬の井川重史選手も京産大出身です。


posted by 上杉鷹山 at 17:35| Comment(1) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

ドミニカの女性

ハイチで大地震が起こりテレビでハイチの地図が示されると
ハイチ共和国は西インド諸島のイスパニューラ島西部で
東部はドミニカ共和国になっています。

ドミニカと言えばアメリカのメジャーリーグで活躍している野球選手が多く
広島カープはドミニカにカープアカデミーという学校を作り人材の発掘を目指し

また日本のプロ野球で活躍しているドミニカの選手もいますが
ドミニカは日本からは遠いカリブ海の国です。

何年か前に私は自宅に帰ろうと近鉄京都駅で電車に乗ると
黒人の可愛い女性が座席に座っていました。

私は彼女の隣に座り電車が動き出して少し経った頃に
彼女にどこの国から来ておられるか尋ねましたら
ドミニカから来ているとの返事でした。

ドミニカから日本に来て何をされているのか知りたくなりましたので更に尋ねましたら
奈良県生駒市のけいはんな(京阪奈)学研都市にある
国立の奈良先端科学技術大学院大学で学んでいるとのことでびっくりしてしまいました。

彼女としばらく話をして私は途中で下車しましたが
彼女の外見からは大学院で勉強しているような学生に見えず
可愛い女の子という感じだったのです。

日本にはいろんな国から留学生が来ています。


posted by 上杉鷹山 at 16:49| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

京都市とNY市の観光客数

今日の毎日新聞朝刊経済欄に「NY市観光客数19年ぶり全米一」という見出しで
記事が掲載されていました。

米ニューヨークのブルームバーク市長が4日
2009年に同市を訪れた観光客数が4525万人となり

ディズニーワールドなどのテーマパークがあるフロリダ州オークランドを抜き
1990年以来19年ぶりに全米都市で首位になったことを明らかにしたそうです。

国外からの観光客は860万人で
2位のロサンゼルスを大きく引き離しトップを維持し
NYは12年までに年間5000万人の観光客を誘致することを目指しているそうです。

このニュースで私は京都市がNY市よりも観光客数がはるかに多いことを知りました。

NY市は世界の中心地のような感じで捉えられていますので
私は観光客数は5000万人の超えているのかと思っていましたが
超えてはいなかったのです。

京都市は観光客を5000万人誘致しようと活動し
その結果2008年に5000万人を超えました。

京都市はフランスの姉妹都市のパリ市には敵いませんが
NY市よりもはるかに観光客数が多く世界的な観光都市なのです。

参考:京都市のアメリカの姉妹都市はボストン市です。
posted by 上杉鷹山 at 13:20| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

星のや京都12日にオープン

私は2006年1月10日NHKテレビで放送された「プロフェショナル仕事の流儀」で
軽井沢に本社を置く叶ッ野リゾートの社長星野佳路氏が取り上げられているのを見ました。

彼は主に経営が傾いた大型施設を引き受け徹底したマーケティングと
顧客満足向上等によりリゾート再生を果たし

2005年にはゴールドマンサックスとの業務提携を発表し
旅館の再生にも力を注いで積極展開で注目を集めておられる方です。

その星野リゾートが京都・嵐山で買収した老舗旅館「嵐山温泉・嵐峡館」の本館を改修し
高級旅館「星のや京都」を12月12日に開業しました。

嵐峡館は明治期創業の老舗旅館だったが
2006年に当時の経営者が亡くなった後休業していました。

星野リゾートは外観をほぼそのままに全室が川に面した好立地を生かして
客室を全面改装し部屋数を31室から25室に減らして1室当りの面積を広げ

音楽や映画を楽しめる書斎などを備えた2-4人部屋(広さ120平方メートル)や
ツイン(約35平方メートル)などがあります。
投資額は25億円。

「星のや京都」は星野リゾートが軽井沢町で運営する旅館「星のや」の2号店で
高級リゾート施設運営の手法を持ち込んでいます。

今日午後4時53分の関西テレビのニュース番組「アンカー」で
「京都嵐山生まれ変わる老舗旅館」というタイトルで
「星のや京都」のオープン前の様子が放映されました。

星野佳路社長は従業員40人を引き連れて京都にやってきましたが
叶ッ野リゾートはもともと軽井沢でホテルを経営している会社なので

従業員は男女とも若い人たちで旅館の従業員という感じではなく
ホテルの従業員という感じでした。
中には外国人もいました。

今年大卒の男性は施設責任者でありながら
入社後料理を学びそば打ちの仕事もさせられ一人二役です。

別の男性従業員は大手ホテル出身で飲食関係の責任者ですが
嵐山の船着き場から「星のや京都」まで舟の操縦をして
お客さんを運ぶというもう一つの仕事のために船舶免許を取得させられたそうです。

星野社長はオープン前パブに全従業員を集め乾杯しながら
権限は現場に全て委譲しバックアップするので

「星のや京都」に合わないお客さんには帰ってもらってもいいから
自信を持ってやってほしいと話をされていました。

若い女性従業員の一人は今までの社長の言葉をノートに取っていて
そのノートを社長に見せてサインをもらっていましたが

従業員が社長の言葉をノートに取っているぐらいですから
さすがNHKテレビの「プロフェッショナル仕事の流儀」という番組に
登場された社長だけあり若い人たちを魅了する何かがあるのでしょう。

若い施設責任者はオープン当日ランプが故障しているのが分かりましたが
修理する時間がないので自分独自の判断で取り外し
部屋の細かいところまでチェックしていました。

女性のお客さんたちは「星のや京都」の部屋を見て驚いていましたが
ゆとりのある富裕者層向きの超高級宿泊施設です。

テレビのキャスターは嵐山は交通の便が良いため観光客が留まらない傾向にあるので
今後如何にして宿泊してもらえるようにするかが大事と言っていましたが
京都に魅力的な宿がオープンしたのです。

「星のや京都」のホームページ http://kyoto.hoshinoya.com



posted by 上杉鷹山 at 21:45| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

京都・南座「吉例顔見世興行」

IMG_0519.JPG

昨日の新聞やテレビで京都・南座の師走を彩る
「吉例顔見世興行」(30日から12月26日まで)を前に

出演する歌舞伎役者の名前を書いた看板を正面に掲げる
「まねき上げ」がニュースになっていました。

まねきと呼ばれるヒノキの看板(長さ180cm、幅30cm、厚さ3cm)に
勘亭流独特の丸みを帯びた太い文字で

歌舞伎役者の名前が板いっぱいに書き込まれ
出演者全員のまねきが南座正面に掲げられたのです。

私はこのニュースを見て一年が過ぎるのが非常に早く感じました。

毎週木曜日午後11時17分から朝日放送で
「ビーバップ!ハイヒール」という大阪ローカルの番組

(出演者:ハイヒール、ブラックマヨネーズ、チュートリアル、
たむらけんじ、SF作家筒井康隆、漫画家江川達也
それにゲストの若い女性タレント)があるのですが

9月3日のこの番組で京大出身で分子生物学者である
青山学院大の福岡伸一教授が言われていたことを思い出したのです。

大人になると子供のころと比べ何故時間が短く感じられるのか?という問いに対して
福岡教授は体内時計の仕組みに起因すると答えておられました。

体内時計の秒針であるたんぱく質の新陳代謝速度が
加齢とともに遅くなる一方で物理的な時間のスピードは変わりません。

だから体内時計は「半年」の感覚でも
実際は「1年」ということになるのだそうです。

反対に子供の頃には新陳代謝速度が時間のスピードよりも速いから
時間が経つのが遅く感じられるのです。

福岡教授のこの説明が11月24日発行の毎日新聞夕刊にも載っていました。
もう南座で「吉例顔見世興行」が始まるのです。
posted by 上杉鷹山 at 14:28| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。