2011年04月27日

サウジアラビアという国

このブログでサウジアラビアのことを何回か書きましたが
昨日26日の毎日新聞朝刊の「発信箱」は
ジュネーブ支局の伊藤智永さんの「砂漠のヤバーニ」という記事でした。

その記事を読みサウジアラビアは今も全く変わっていないと思いました。
記事の内容は次の通りです。



サウジアラビアを回った。 さる旅行案内書によれば「北朝鮮より入るのが難しい」
宗教国家で巡礼のイスラム教徒を除き観光を原則認めていない。

モスクなどの写真撮影は厳禁。 一日5回の礼拝時は店が全部閉まる。
女性は頭から全身を黒布で覆い食堂で男性と同席できない。

宗教警察が見回り入国カードには「麻薬持ち込みは死刑」とあった。
緊張を強いられしかも日本人は珍しいから歩いていると
木陰や窓辺、広場の一角から鋭い視線を受ける。

こちらから「アッサラーム」(こんにちは)と寄っていくが
すぐに魔法の呪文を知った。

「アナ・ヤバーニ」(私は日本人です)これが効果絶大である。
途端に相手は相好を崩し「オオ、ヤバーン(日本か)、
トヨタ、ソニー、ナバーワン」と冗舌になる。

世界中で日本の好感度は高いが格別な印象だ。
「地震、津波は大変だったな。でも日本なら大丈夫だ」続く。

写真を撮らせてと頼むと「ノープロブレム!」。
日系企業現地法人の代表・副代表で共に滞在歴通産11年の
Tさん(59)とKさん(52)が解説してくれた。

サウジ人は親しくなるとある日おもむろに切り出すらしい。
「仲良くなったんだからそろそろ秘密を教えてくれ。

日本はヒロシマ、ナガサキに原爆を落とされたのにどうやって世界一になったんだ」
この「ヤバーニ神話」話の前段が「敗戦」ではなく
「ヒロシマ、ナガサキ」である点が微妙な勘所である。

当惑した2人は答えるそうだ。 「働け、働け、働け」。
Tさんは福島県出身。 Kさんは約20年前福島第2原発で半年間研修を受けた。

「フクシマは次の日本の強みにできる。 するしかない」。
砂漠のヤバーニはたくましかった。




以上が記事ですが私が当時現地で感じたことと全く同じなのです。
サウジアラビア人は日本に対しては絶大な信頼を持っているのです。


posted by 上杉鷹山 at 10:41| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

海パンカメラマン

テレビ番組に戦場のカメラマンが頻繁に登場しているので
本当に戦場に行っているのかと疑わしくなってきますが
私は海パン一丁のカメラマンが登場したのには驚いてしまいました。

昨日、読売テレビ(日本テレビ系列)くりぃむしちゅーの上田と有田が司会を務める
スター・ドラフト会議(午後8時54分ー午後10時48分)に
海パン姿でグラビアアイドルの写真を撮るカメラマン野澤亘伸が登場しました。

彼はカメラマンとして確かな技術を持っているとのことでしたが
番組内でモデルの女性の気持ちを盛り上げるため
自分も衣服を脱ぎ海パン一丁の裸になってモデルに迫り写真を撮っていました。

島田紳助の「行列のできる法律相談所」に登場した時のビデオも流されましたが
グラビアアイドルの森はるかとカメラマンの野澤がお互い水着姿になって
観覧者もいるテレビスタジオで互いに高めあって写真を撮っているのにはビックリです。

写真撮影の現場にはたくさんのスタッフたちがいますので問題ないでしょうが
二人だけの現場ならお互い最後は水着を脱いで
エッチまで行ってしまうのではないかと危惧してしまいました。

スター・ドラフト会議のゲスト相武紗希の写真もカメラマンが撮っていましたが
案外若い女性は面白がってノリで撮られているのかもしれません。
一緒に出演していたマツコデラックスの写真は勘弁してほしかったです。

彼には数社からオファーがあり関西テレビに出演も決まっているそうです。
でもこのカメラマンがテレビに登場する時間帯としては早すぎ
子供たちも見ていますので彼の登場は適切ではなかったと思います。
posted by 上杉鷹山 at 14:44| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

東北出身の舞妓さんは11人

私は仙台勤務の時に営業で東北地方の太平洋岸も訪れていましたので
今回の東日本大震災による津波の大被害をテレビで見て大衝撃を受けました。

全国各地で被害地の人たちを支援する募金活動が行われていますが
21日夜のNHKテレビのニュースを見て
舞妓さんたちも募金活動をしていることを知りました。

2009年2月に放送されたテレビ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」
矢島美容室京都探訪特大SPで
17才と16才の山形県と佐賀県出身の祇園東の舞妓さんが登場されたので

私は山形県出身の舞妓さんがいることは知っていましたが
翌22日の京都新聞朝刊を読み
東北出身の舞妓さんは11人もいることを初めて知ったのです。


京都新聞の記事の冒頭部分を書き写してみました。



京都の五花街(かがい)が協力して
東日本大震災の被害地を支援する募金活動を21日京都駅ビルで実施した。

被災した東北出身の舞妓も参加して観光客らに義損金を呼び掛けた。

募金は京都市と市観光協会、京都伝統伎芸振興財団が呼び掛け
祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒、祇園東から2人ずつ舞妓が参加。

五花街に在籍する東北出身11人のうち6人が活動した。



青森県弘前市出身の舞妓さんの実家が半壊したことも書かれていましたが
中学を卒業した15歳ぐらいの年齢で舞妓になる決心をし
京都に来て修行し舞妓さんになられたのには頭が下がります。

青森県から京都は遠いし送り出すご両親は娘のことが心配で堪らなかったと思います。

毎日新聞の記者が現在京都には舞妓さんは84人
芸妓さんは198人いると新聞に書いていましたので

84を5で割ると各花街には平均舞妓さんは17人ぐらいいて
2人ぐらいが東北出身者という計算になります。

posted by 上杉鷹山 at 15:16| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

またまた京産大出身の社長就任

先月京都産業大学出身の社長就任のブログを書きましたら
2月8日の毎日新聞朝刊経済欄でまたまた京産大出身の新社長を見つけました。

4月1日に吉田正昭さんがルネサンスの社長に就任するという記事が
顔写真と共に掲載されていて新社長の年齢は54歳の若さです。

ルネサンスはDIC系(大日本インキ化学工業株式会社)の
スポーツクラブルネサンスを10都府県で運営していて
会員数は34万4000人もあります。

会社の資本金22億1038万円 2010年3月期の売上高364億1900万円
従業員数625人で2006年3月に東証1部(サービス業)に上場しています。

そのうち京産大出身の東証1部上場会社の社長は珍しくなくなり
当然という時代が来るのかもしれません。

posted by 上杉鷹山 at 12:59| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

京産大出身の社長就任

昨年2月11日付の私のブログで
京都産業大出身の泉谷直木氏のアサヒビール社長就任を書きましたが

今朝の毎日新聞を読んでいて経済欄に小松精練の新社長にも
京産大出身の池田哲夫氏が就任された記事を見つけました。

小松精練は本社が石川県能美市にあり
ポリエステル織編物の精練・染色・㮈染加工の代表格で
複合薄膜ファブリック製造販売も行っている東証1部(繊維製品)の上場会社です。

資本金は46億8042万円で売上高は316億4800万円(平成22年3月期連結)あります。

私は30代の頃にユニチカの織物を中近東に輸出していたことがあり
その生地をプリントしていたのが小松精練でした。

2009年2月5日のブログ「中国とアラブのマネー」でも小松精練のことを書いていますが
アサヒビールの社長に続いて東証1部上場の社長に京産大出身の方が就任されたのです。

小松精練の従業員数は724人(連結で1,309人)池田氏は51歳の若さで社長です。

今後も京産大のパワーが爆発して
卒業生が東証1部上場の会社社長に続々と就任されることを期待するのです。





posted by 上杉鷹山 at 10:41| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

宇治橋からの上流景色

IMG_0126.JPG

昨年11月27日(土)嵐山に紅葉狩りに出かけ
あまりにも人出が多いのに驚きました。

京福電車嵐山駅に着きますと大都会のターミナル駅の通勤風景のようでした。

私は嵐山を何回か訪ねたことがありますが観光シーズンを外れていましたので
のんびりと歩きながら見物出来たのですが今回それは無理でした。

私は混雑する渡月橋を渡り保津川上流風景を見ていたら
宇治の宇治橋から見る宇治川上流風景のほうが
川の景色は綺麗なのではないかと思えました。

嵐山・嵯峨野地区は京都の代表的な観光地なので
いろんな名所旧跡やいろんな有名なお店が多くあり華やかですが
川の景色は宇治橋からのほうが楽しめるのではないでしょうか。

宇治は京都市内から電車で30分程離れていますので
その分京都市内よりも観光客は少なくゆっくり落ち着いて見物出来ます。

世界遺産も平等院と宇治上神社の二つあり
源氏物語のロマンにも溢れ半日或いは一日かけて歩いて回れば
格好のデートや散策コースになります。

疲れればお茶の問屋さんが経営している甘党のお店が
いくつもありお茶とスイーツを楽しめます。

私が作成しましたサイト「源氏物語のまち 宇治」をご覧ください。
このサイトを見て宇治を訪ねてみようと思って頂ければ幸いです。
posted by 上杉鷹山 at 15:42| Comment(0) | 宇治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

武将に変身

先日京都五花街(かがい)の一つ宮川町を歩いていましたら
お店から五人の変身舞妓が出てきました。

そしたら彼女たちの後から男性が変身新撰組として現れたのです。

舞妓に変身させてくれるお店があることは知っていましたが
男性も変身して新撰組になれることを初めて知りました。

本日毎日新聞朝刊の「雑記帳」に面白い記事を見つけました。


京都市右京区の太秦で時代劇撮影用の小道具を扱う高津商会
3日戦国武将への変身プランを発売した。

舞妓を体験できるプランは多いが武将は珍しい。
ファンの要望で実現。撮影で使われた甲冑を着けて記念撮影できる。

侍大将から武田信玄や真田幸村ら有名武将までそろい
基本料金は30分5,000〜2万3,000円。

オプションで東映太秦映画村や嵐山などロケ地での出張撮影も可能だ。
ただし鉄製の甲冑の中には重さ20キロを超えるものもあり
「武将萌え」の歴女は身動きに苦戦するかも。

記事はここまで。

私でも一度武将に変身してみたいと思うような企画ですので
宣伝すれば需要はかなりあるのではないでしょうか。
外国人の観光客にも喜ばれると思います。
posted by 上杉鷹山 at 21:01| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

バグダッド

私はイラン・イラク戦争の時にテヘランを訪れましたが敵国のバグダッドも訪れました。

今まで海外出張では飛び込みでホテルに泊まったことが何度もありましたので
バグダッドも宿泊に関しては問題ないと思ったのが大間違いでした。

私はサウディアラビアのジェッダからバグダッドのホテルを予約しようとしましたが
全く通じず予約なしにバグダッドに向かったのです。

ジェッダからバグダッドへは直行便がなくヨルダンのアンマン経由になりました。

私は早朝ジェッダを出発してアンアンに午前10時頃に着き空港を出て
アンマン市内のホテルにチェックインして夜まで時間を過ごしました。

私は午後10時頃に空港へ行き午後11時頃にバグダッド行きの便に乗りました。

戦時中でしたのでバグダッド空港の発着は全ての便が真夜中に集中していました。

私の乗った便は午前0時過ぎに空港に到着し私は入国手続きを終え
タクシーに乗ったのは午前1時を過ぎていました。

1月下旬でしたがアラビア半島のジェッダは灼熱の太陽が輝く真夏の暑さで
一方到着したバグダッドは真冬で寒かったのです。

空港の建物を出てタクシーに乗ると戦時中のため周りは全て消灯されていて真っ暗で
月の明かりとタクシーのヘッドライトだけを頼りに
タクシーは暗闇の中をバグダッド市内に向けて走りました。

途中月の明かりでチグリスユーフラテス川の水面を見ることが出来ましたが
周りの景色は暗くて全く見えなかったのです。

ホテルと言っても私はJTB発行の中近東ガイドブックに載っている
代表的なバグダッドホテル1つしか知らなかったので

そのホテルを目指し午前3時前頃に着きフロントへ行こうとすると
ホテルにディスコがあるのか音楽が聞こえてきました。

私はここに泊まれるのなら安心と思ったのですが全室満室と言われてしまったのです。

タクシーの運転手もバグダッドはどのホテルも満室状態で空き部屋がないと言いました。

でも運転手は知っているホテルがあると言うのでそのホテルにタクシーを走らせましたら
一部屋だけ空きがあり今日の午前10時までなら泊まることが可能という返事でした。

仕方がないので私は午前4時頃にチェックインして午前10時にチェックアウトする条件で
その部屋に泊まりベッドに入り横になったのです。

その部屋はその日イタリア人が泊まる予定でしたので
私の滞在できる時間は6時間しかなく次のホテルを探さなくてはなりませんでした。

その当時バグダッドはホテルの宿泊施設が不足していたのに
多くの建設関係の外国人たちが復興に向けてバグダッドに働きに来ていたのです。

私は午前6時に飛び起き市内の何軒かのホテルに当たりましたが全くありませんでした。

途中二人連れの日本人にばったり出会いましたが
彼らも部屋探しをしていて全く見つからないとのことでした。

腕時計を見ると午前10時になるので至急ホテルに戻ってみると
何と私の大きなトランク4個がロビーの床に放り投げられていたのです。

会社の先輩から大学のゼミ仲間が大手商社のバグダッド支店で勤務しているので
機会があれば会ってみるようにと紹介されていましたが

その日は金曜日でイスラム社会では日曜日に当たり勤務先に訪ねて行くことも出来ず
私の取引先との連絡も取れませんでした。

外は寒く泊まれる部屋を探さないと風邪を引いてしまうと思いましたが
私はどうしたらよいのか分からず呆然としていたのです。

冬の夜空の下で野宿しかないのかと思うと泣きたくなってきました。

そしたらホテルで働くご老人が突然私に声を掛けてきて
一緒にホテル探しを手伝ってあげようと言ってきたのです。

ご老人は古い小型トラックに私と荷物を載せ郊外に向かって走り
彼の知っている空いていると思ったホテルに私を案内してくれたのですが
そこも残念ながら満室でした。

しかし幸運なことに物置代わりに使っている壊れた部屋が離れにありましたので
そこに私は泊めてもらうことにしたのです。

もちろんシャワーや風呂はなく暖房もなくお湯も出ない部屋で
足を洗おうと洗面台に片足を上げると洗面台が倒れてきました。

部屋は寒かったですがなんとか寝ることが出来る場所を確保できほっとしました。

そのホテルは安宿でルーマニアから来た大勢の建設現場労働者が泊まっていて
彼らはロシア人が被る毛皮の丸い帽子を被っていました。

私はご老人の親切に本当に助けられました。

ホテルの人は私に若いから酒を飲んで体を熱くしてすぐ寝ればよいと言いましたが
バグダッドはイスラム社会なのにキャバレーもあり酒を自由に飲めるのにはびっくりしました。

翌日大手商社の支店を訪ねましたら日本航空でホテルを紹介してもらおうと言われ
二人で日本航空の事務所に行き現地女性社員に探してもらいましたが
空き部屋のあるホテルはどこにもありませんでした。

一週間後のバンコック行きの便に乗るまで
私は物置に使われていた寒い部屋で寝泊まりをしたのです。

バグダッド市内では戦場に向かう多くの兵士たちを見かけました。


posted by 上杉鷹山 at 17:26| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

外国人観光客に人気の京都のカプセルホテル

本日NHK京都の午後6時10分から午後7時までの番組「ニュース610 京いちにち」で
外国人観光客に人気のカプセルホテルが紹介されていました。

昨年12月9日に下京区四条寺町にオープンしたそのカプセルホテルは
利用者の8割が外国人という日もあるそうです。

1階から9階の全フロアーのうち2階から5階までは女性用で
カプセルの奥行きは2m10cmありシャワー室はおしゃれで綺麗です。

カプセルの色は黒色ですが館内は白色で統一され
125人(男性75室女性50室)宿泊出来るそうです。

外国人に人気がある理由は@1泊4,000円A日本文化を体験したい
そのうえ清潔でおしゃれであるからです。

ヨーロッパからの観光客が多くホテルには英語のしゃべれるスタッフがいます。

テレビ中継ではスウェーデン人女性イギリス人男性フランス人男性たちが映っていました。

このカプセルホテルの経営者がインタビューを受けていましたが
NHKの番組ですのでカプセルホテル名は公表されませんでした。

経営者は時間単位で利用できるようにして多くの日本人にも使ってもらい
京都を紹介していきたいと語っておられました。

私はこのカプセルホテルの名前が分からないのでYahooで検索すると
ナインアワーズ」であることが分かりました。

皆さんも試しに泊まってみられたら如何でしょうか。
posted by 上杉鷹山 at 21:20| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

コミュニケーションスキル

2008年10月25日に大阪で開かれたwizliの会員向けに無料で開催された
小森康充さんの「コミュニケーションスキルセミナー」の資料が
出てきましたのでブログに書いてみます。

小森さんは同志社大卒、P&Gジャパン、日本ロレアル、COACH JAPANで
20年間の営業、マネジメント経験の後、神戸学院大学客員教授を歴任。

2008年人材育成コンサルタントとして独立、著書「スベらない商談力」。
ホームページ http://www.giantkevin.com/


セミナーの目的: 最も効果的な説得の方法、信頼関係構築のポイントとは?
人は自分の話を聞いてくれ自分を理解してくれた人に心の窓を開き
その後に初めてその人の話を聞く心の準備が出来ます。

購買の原則とは人はその人が欲しいもの、好きなもの、必要なものを買い
あなた(営業員)が買ってほしいものを買うのではないということです。

● コミュニケーションスキルの2つのステップとは

1. 相手のニーズ(欲しいもの、好きなもの、必要なもの)を聞き出すこと。

これに70%の力をかける。

2. あなたのアイデアが相手のニーズに如何に合致しているかを説明すること。

「心の窓」とは相手と仲良くなれた時に人は「心の窓」が開き、
喧嘩をして別れてしまった時に「心の窓」が閉じます。

人には「心の窓」があると考えられます。

「心の窓」は相手が誰であるか、会話の内容がどうであるかによって決まる。

● コミュニケーションの4つの障壁

1. 固執する姿勢: 自分の主義・主張を変えない。相手に押しつけようとする。

2. 自己主張: 自分の価値判断を述べる。

3. 目的の不明瞭さ: 相手が何故このような話を自分にするのか分からない。

4. 時間のプレッシャー: 商談・行動などをするのに十分な時間がない。

● 心の窓を開ける6つの応答、具体的話法のテクニック

1. 誘導: 目的 何でもいいので相手に話続けてもらう。

「と言いますと」、「ほー」、「なるほど」、「あーそうですか」、「いいですね」、「それで」

2. 沈黙: 目的 次の言葉を出してもらう。相手に考える時間を与える。

アイコンタクトが重要(相手を優しく見つめる)

「沈黙は相手に破ってもらう。自分から破らない。」

「沈黙の後に出てくる言葉それがキーワード」

3. 繰り返し: 目的 強調 相手から出てきたキーワードを繰り返し強調する。

そのことについて深く話してもらう。キーワードを逃がさない。

「他にないですか?」(話題の転換)とペアーで使う。

4. 質問(心地よい質問): 褒める。心地よくする。相手のしてほしい話題をする。

5. 質問(立ち入った質問): 聞きにくいが答えて欲しい質問。

相手の心の窓が十分に開いてからにする。

6. 解釈: 目的 聞き出したことの確認をする。


まとめ 自分の理解と相手の本音が合致しているかどうかを確認。

「他にないですか?」がキーワード。

● ロールプレイ

相手の一番楽しいことに焦点を当てて聞き出してみる。

6つの応答を効果的に使う。

より詳しく相手が心地よく話せるように聞き役に徹する。

相手の欲しいものは何か?

それを実現するのにあなたはどういう手助けが出来るか?

相手の心の窓を開いてみましょう。

相手をとことん褒めてみましょう。

● クロージング(注文をもらう、話を締結する)の5つのポイント

1. 注文を聞く。

2. 二者択一をしてもらう。

3. 相手に答えさせる。

4. 次の行動を述べる。

5. 沈黙する(相手に考える猶予を与える)。

● 相手を説得するテクニック

1. 事実 2. 数字 3. 論理

日頃使うスキルを継続性のある習慣化出来るところまでやって初めてトレーニングと言える。


posted by 上杉鷹山 at 17:09| Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。