2012年08月25日

コメダ珈琲店

7月26日(木)の午後10時からテレビ大阪の「カンブリア宮殿」は
名古屋生まれのコメダ珈琲店でした。

現在スターバックスのようなアメリカから来たコーヒーチェーンが
全国を席巻する一方、昔ながらの喫茶店は激減しています。

その中で敢えて懐かしの喫茶店スタイルを掲げ、
急拡大している喫茶店チェーンがコメダ珈琲店です。

“喫茶店激戦区”と言われる名古屋において、
圧倒的な店舗数と人気を誇ているのがコメダ珈琲店です。

2003年には関東にも進出し、ここ10年で店舗数は倍増して
現在全国に452店舗を構えます。

コメダの店づくりは、回転率を求めるセルフ型チェーンの真逆を行っています。

店内には新聞や雑誌を数多く置き、ソファも長く座っても疲れないよう計算された特注品。

「長居大歓迎」で、なんと朝7時の開店前に、
年配の常連客が店になだれ込むという“コメダ現象”が出現するほどです。

飲食業界に新風を吹き込む、コメダ流の喫茶ビジネスとは?

私は以前愛知県出身の方がブログにコメダ珈琲店のことを
書かれていたのでコメダのことを知っていたのですが

名古屋市とか中京地区の限定された地区で有名な珈琲店かと思っていましたら
「カンブリア宮殿」に取りあげられているのに驚きました。

カンブリア宮殿のホームページの説明をそのままコピーしますと

【1年間、毎日来店する常連客も!コメダの魅力とは?】

コメダの営業時間は朝7時から夜11まで。

しかし、ある店では朝6時半から続々と常連客が店に訪れる。

客の格好はジャージ姿や寝巻きのような姿まで。

地域住民にとって、コメダは生活の一部になっているのだ。

コメダが常連客を掴む理由の一つは「お得感」。

朝訪れる客が必ず頼むのが「モーニングサービス」。

「コーヒー」と一言頼むと、なんとトーストとゆで玉子が無料でついてくる。

午前11時以降もドリンクには豆菓子が…。

ほかにもコメダには、居心地の良さを生む秘密がたくさん…。

日本マクドナルドホールディングス取締役上席執行役員から
コメダの社長となった安田隆之は言う。

「コメダは、名古屋で磨き抜かれ、全国にも通用するビジネスモデルだ!」。

【お客の滞在時間1時間以上でなぜ利益が? 考え抜かれたコメダ流ビジネス】

コメダのお客の平均滞在時間は1時間以上。

回転率が悪いのに、店の営業利益率は2割に近く、驚異的。

そのカラクリとは?

(答えは仕入れる商品の数が少なく、限られた商品で作れるメニューになっているので

ロスが少ない。)

さらには、ついまた来たくなるコメダ流接客もその理由。

常連客が頼むメニューを100人以上記憶しているという、
カリスマ店長がいる店では、「いつものですね?」という会話が響き渡っているのだ。

【5年以内に1000店舗を目指す!全国で通用するコメダの強みとは?】

「5年内に1000店の大台に乗せる」と意気込む社長の安田。

実はコメダの店舗の99%はフランチャイズ。

各オーナーにその地域に合ったサービスや接客を任せ、
“地域住民の生活の一部”となる店にするのが狙いだ。

(まさしく京都から発展した「餃子の王将」と同じようなやり方だと思います。)

だからこそ出店立地にもこだわり、駅前ではなく生活道路沿いを選ぶ。

駐車場も広くとり、近所の住民がいつでも気軽に入りやすい店作りを考えている。

地域にとけ込むコメダ流喫茶ビジネス。

それは滋賀県南部の、ある店舗でも実証されていた。

そこで見た 光景とは 
(答えは、農家の年配ご夫婦が農作業の後に、朝食を食べに毎朝来店されている
滋賀県甲賀市の水口店で店の周りは田園風景が広がっていました。)


番組では杉並区と新規開店の春日部そして滋賀県南部の店舗が映し出されていましたので
滋賀県にコメダ珈琲店があるのなら
京都府にもあるのではないかとホームページで調べてみると

何と私の住んでいる宇治にも既にコメダ珈琲店が出店していることを知り
早速行ってコメダ珈琲店の売りである焼き立てのデニッシュの上にソフトクリームが乗った
「シロノワール」とサンドイッチそしてコーヒーを注文したのです。

店内は工夫されていて雰囲気は私が大学生の時代によく見かけた懐かしい珈琲店でした。
posted by 上杉鷹山 at 17:48| Comment(0) | 飲食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月26日

福井市一乗谷の朝倉氏遺跡

IMG_0309.JPG

20日から1泊2日で途中越前大野城に寄ったりしながら芦原温泉に行ってきました。

泊まった宿は「つるや」ですが金曜日なので宿泊客も少なくゆったりと温泉に入浴できました。

つるやは楽天トラベルのホームページで探した宿でしたが
やはり評判通りの宿で大変満足しました。

でも泊まったその日の深夜は雨音が物凄く宿の一部が床下浸水するほどの大雨でした。

翌日は帰る途中に福井市一乗谷にある朝倉氏遺跡に寄ってきました。

一乗谷はSoft bankのCMでお父さんの白い犬の故郷になっているところです。

2年前の2月上旬から約1カ月間放送されたSoft BankのCMでは
福井市一乗谷が舞台になっていたことを御存じかと思います。

赤いマフラーを巻いたお父さん白戸次郎(白い犬)とお母さん(樋口可南子)が
しばらくぶりにお父さんの故郷福井市一乗谷に帰省し
武家屋敷の間を通り抜け雪道を歩いている途中に3人の女子高生たちに出会い

彼女たちの姿を見て自分たちの娘(上戸彩)を思い出したり
福井鉄道福武線北府(きたご)駅で撮影された駅構内やプラットフォームで電車を待って

母親(若尾文子)が住む白戸家の実家に戻り
お父さんの部屋でお母さんが卒業アルバムを見て
お父さんを探しているあのCMです。

2年前の4月の午後0時20分からNHKテレビのお昼の番組「生中継ふるさと一番」は
「遺跡探訪!よみがえった戦国城下町」という題で
福井市一乗谷の朝倉氏遺跡からの生中継をしていました。

一乗谷朝倉氏遺跡は今から400年以上前の1573年に
織田信長の軍勢によって攻め滅ぼされるまで5代約100年余にわたって
越前の戦国大名・朝倉氏一族が華やかな文化を咲かせた都の跡で

昭和42年に発掘調査が始まり
当時のほぼ完全な町並みと多数の貴重な歴史的遺品が発見されています。

その遺跡調査が終わった場所から徐々に城下町の屋敷などが復元されてきていることを
そのテレビ番組を見て知り一度寄ってみようと考えていました。

今から26年前に私は福井市で3年間勤務し
仕事で鯖江市や今立町(現在の越前市)のレースの機屋(はたや)を訪ねた
帰りに一乗谷の遺跡前の道路を通って営業所に戻っていましたが
その当時は写真の朝倉館跡の建物があるだけでした。

しかしテレビ画面を見て
城下町の街並みや屋敷の復元が大きく進んでいるいることに驚きました。

まるで戦国時代映画に出てくるような城下町の街並みなっていました。

当時の一乗谷は京都・堺に次ぐ大きな町だったそうです。

テレビには一乗谷の満開の桜が映っていましたが
福井に行く機会があったら一度一乗谷朝倉氏遺跡に寄ってみようと考えていたのです。

写真の中の水が濁っていますのは前日に大雨が降ったためです。
posted by 上杉鷹山 at 21:22| Comment(0) | 北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月14日

醍醐寺の桜

IMG_0297.JPG

私は3年前の2009年4月の土曜日に
豊臣秀吉が花見をしたことで有名な「醍醐の桜」を見ようと
世界遺産の醍醐寺(伏見区)の総門前まで行きましたら

あまりにも大勢の人出なので
拝観をあきらめて中に入らず周辺の桜だけを見て帰ってしまいました。

そこで今回は平日ならゆっくりと桜を見れるだろうと
昨日の金曜日の午後に醍醐寺に行ってきました。

桜は満開或いは満開を少し過ぎたぐらいでしたが
平日でもかなりの人出がありました。

私はまず最初にテレビ朝日が「報道ステーション」の番組内で
大きなクレーンを使って大々的に
秋の紅葉を中継していたことのある三宝院の庭園を拝観しました。

ところが庭園の写真撮影は禁止と知り
テレビ朝日がテレビカメラを入れて中継したということは
醍醐寺側といろいろ交渉があり

そのうえテレビカメラやクレーンを庭園内に入れるのも
困難な作業があったことだろうと推測出来ました。

庭園は豊臣秀吉が「醍醐の花見」に際して自ら基本設計し
桃山時代の華やかな雰囲気を伝えている見事な庭園でした。

三宝院の大玄関前には大きくて立派な桜の樹が何本かありますが
庭園内には桜の木は一本しかありませんので
秋の紅葉時に訪れると格段と素晴らしいと思います。

その後西大門を入り五重塔・金堂・弁天堂・不動堂・観音堂・無量寿苑を拝観して
周りの桜を見ながら霊宝館に行きました。

霊宝館の庭園内にある桜は期待通り筆舌に尽くしがたいほど綺麗でした。

桜の花をいろいろ見てきましたが今まで見た桜の中でも一段と美しく
やはり京都の桜だと思えるほど華やかなです。

平成館の休憩室はショーウインドのように超大型の長方形のガラスが一面に入っていて
ガラス越しに見る桜はまるで映画のスクリーンに映っているかのような感じでした。

休憩室の椅子に座って見ていると1時間ぐらい飽きずに見ていることが出来るでしょう。
霊宝館の桜は1本1本の樹が美しかったです。

本館・平成館・仏像棟にある展示物も興味があるものばかり素晴らしかったです。
写真の桜は横に枝が広がり全体を映すことが出来ませんでした。

皆さんも機会があれば一度「醍醐の桜」を見に醍醐寺を訪れてみてください。







posted by 上杉鷹山 at 12:08| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

世界遺産の西芳寺(苔寺)と鈴虫寺

私は西芳寺が古都・京都の世界遺産の一つであることは
知っていましたがまだ一度も訪れたことがありません。

西芳寺は庭一面が苔に覆われていることから
別名「苔寺」とも呼ばれています。

10月24日の毎日新聞夕刊を読んでいたら
5日に亡くなったアイフォーンやアイパッドなど
世界的な人気製品を生み出した

アップルの共同創業者スティーブ・ジョブズ氏は
「かなりの日本好き」だったという記事が載っていました。

その記事の中にジョブズ氏はお忍びで何度も京都を訪れ
俵屋旅館を定宿に娘と西芳寺を訪ねていたとあったのです。

そのことを知り地図で西芳寺のある場所を確認してみると
近くに鈴虫寺がありました。

私は以前テレビ朝日の女性アナウンサーが休日に京都に行き
鈴虫寺に行ってきたことを話しているのをテレビで見て

初めて鈴虫寺を知ったのですが
西芳寺の近くとは知りませんでした。

私は西芳寺と鈴虫寺に行ってみたくなったのですが
調べてみると西芳寺は事前に往復はがきで
申し込みをしなくてはならないことを知りました。

受け付けは2ヶ月前から7日前まで(先着順)です。



posted by 上杉鷹山 at 17:10| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

フランスで大人気の南部鉄器の急須

IMG_0275.JPG


今日近鉄京都駅1階にある近鉄名店街「みやこみち」内のお店で昼食を取り
自宅に帰ろうと近鉄電車に乗るために
マールブランシュカフェ京都北山本店が開いている
「みやこみち」にあるカフェの前を通りかかりましたら

ティーポットの代わりに南部鉄器の急須が茶菓子やケーキと共に
お客さんのテーブルに出されていて
南部鉄器の急須が店内で販売されているのが目に入ったのです。

私はこの南部鉄器の急須を見て
10月20日午後7時58分から2時間テレビで見た
テレビ大阪の番組「和風総本家」の中の
フランスで大人気の「イワシュー」を思い出したのです。

この日の番組の内容は世界が認めた日本の技を紹介し
「あなたの国でMade in Japanを知りませんか」と
ニューヨーク・ロンドン・パリ・ミラノ・フィレンツェなどの各都市で
現地の人たちにインタビューしていました。

数々あるMade in Japanの中に
カフェや家庭でお茶やコーヒーを飲む時に日常よく使われている
フランスで大人気の「イワシュー」と呼ばれている
Made in Japanの鉄の急須が登場しました。

それは岩手県盛岡市の南部鉄器の急須でしたが
私は仙台で勤務していた時に新規の顧客を開拓しようと
東商信用録東北版で調べていましたので
何故フランス人が「イワシュー」と言っているのかすぐに理由が分かりました。

それはこの南部鉄器の急須を製造している会社が岩鋳(Iwachu)という会社名だから
フランス人が発音すると「イワチュー」が「イワシュー」になっていたのです。

岩鋳は南部鉄器を昭和30年代から海外に輸出し始めましたが
全く売れませんでした。
ところが平成に入ってフランスの紅茶メーカーから
ショップでティーポットとして販売したいので
南部鉄器をカラフルにできないかという要望があったのです。

岩鋳の人たちは南部鉄器は黒色という固定観念を持っていたのですが
依頼を受けて取り組んだ色は赤・青・ゴールドの3色。
ビビッドな色と鋳肌の持つ風合いの両立を目指し試行錯誤を重ねました。

完成までに3年かかり本当に売れるのかと不安になった時期もあったそうですが
完成したティーポットはフランスの紅茶愛好家の間で口コミで広がり
美しいフォルムは美意識の高いパリっ子に大人気となりました。
フランスからヨーロッパへ、ヨーロッパからアメリカへと広まり
ニューヨーク近代美術館喫茶室の茶器として採用されたこともあります。

日本ではどちらかというと古臭いイメージだった南部鉄器が
洗練された生活用品として海外に認められ
人気が日本に逆輸入される現象が起きているそうです。
そのため嬉しい事に岩鋳は生産でたいへん忙しくなっています。

私はマールブランシェの店内に入り南部鉄器の急須を持ってみると
やはりどっしりとして重みがありお茶が冷めにくいという利点があります。

値段は1個7,980円もして高いですが一生使えるし
色とりどりの鉄器の急須は日本でも非常にモダンで魅力的です。



posted by 上杉鷹山 at 18:05| Comment(0) | 東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

なのにあなたは京都へゆくの

昨晩午後8時からテレビ大阪で
昭和40年代の各年の名曲ベストヒット歌謡の番組が
約3時間近くありテレビを見ていました。

そしたら私が大学生の頃にFM放送でよく聴いていた
チェリッシュが歌う「なのにあなたは京都へゆくの」という曲の
昔のビデオが流れたのです。

私が大学を卒業してからこの曲を聴くことがなかったので
その曲を聴いた瞬間学生時代のことが走馬灯のように駆け巡ったのです。

ナツメロ歌謡の番組や特集が各テレビ局でありますが
「なのにあなたは京都へゆくの」を聴いたこともなかったので
私はすっかりこの曲の存在を忘れていました。

番組が終わると私は早速もう一度この曲を聴いてみたくなり
PCでこの曲名を検索してみますと
この歌のYouTubeがありました。

多分この曲を知っているのは40代から上の世代だと思いますが
若い世代の方も一度聴いてみてください。



posted by 上杉鷹山 at 17:18| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

京都の人気デザインホテル

京都の人気ホテル順位がYahooに載っていたので見てみると
一位は「ムメ」というデザインホテルとなっていました。

私は全くこのホテルの名前を聞いたこともなかったので
調べてみると宿泊者は外国人が多くこのホテルを絶賛しているのです。

昨日の京都新聞夕刊にこのホテルのことが書かれていて
やはり人気があることが分かりました。

祇園の繁華街東山区梅本町に
全7室と小規模ながら豪華なしつらえの
デザインホテル「ムメ」は2年前にオープンしました。

1室2万円台からで白川に面する部屋や海外で買い求めた調度品
老舗の唐紙をふんだんにあしらった内装が話題を呼び
海外を中心に連日多くの客が訪れています。

大規模な外資高級ホテルにはない家庭的で洗練された業態が
新たな顧客を呼び込んだ形になっています。

海外のホテルでヒントを得たというオーナー柴田尚子さん(38)によると
滑り出しは順調で2週間ほど連泊する海外観光客もいて
リピーターも多いそうです。

皆さんも京都に来られる予定があるのでしたら
一度試しに予約されてみては如何でしょうか。
posted by 上杉鷹山 at 17:58| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

ネイルサロン

街を歩いているとネイルサロンをよく見かけます。

ほとんどのお店は女性が対象のようで
男性としては入店し難い雰囲気があります。

今から13年前ですが私が韓国へ出張した時に
時間がありソウルの街をぶらぶら歩いていると
大きなお店の中にネイルサロンがありました。

サロンにはお客さんが誰もいなく
ネイリストの若い女性が一人でいました。

彼女に声をかけてみたら男性でもいいですよと言うので
彼女に両手の爪を綺麗に手入れをしてもらいました。

男性でも気持ちがいいのだから女性の気持ちが良く分かります。

男性が若い女性と会話をしながら
自分の爪を綺麗に磨いてもらうのは楽しく気分がいいものです。

最近日本ではネイルサロンに行く男性もいるようですが
13年前にネイルサロンに行く男性は少なかったと思います。

私はその後ネイルサロンに行ったことはなく
日本でも入ってみようと思いますがまだ実現していないのです。




posted by 上杉鷹山 at 15:15| Comment(0) | 美容・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月30日

脱毛の日本女性と着毛の香港女性

夏が近くなり女性が薄着になってくると脱毛エステの広告が目に入ります。

真夏になると通勤電車や街の中などで女性たちのノースリーブ姿が多くなり
満員電車の中で女性たちが吊革を持って私の座席の前に立っている時には
彼女たちの脇を見ると綺麗に脱毛されています。

特に若くて綺麗な女性の脇を見たりすると
逆に毛が生えていたら色っぱいだろうなと私は想像してしまいます。

ところが私が20年程前に香港に駐在した時ですが
香港の女性たちは脱毛していないのにびっくりしましました。

地下鉄・バス・フェリーの中で香港の女性たちを見ると
彼女たちの脇の毛が嫌でも目に入ってくるのでした。

一般的に言って香港の女性は中国系と言うよりもベトナム系に近く
顔はぶさいくで鼻は低く体型も美しくありません。

そのような女性たちに堂々と脇の毛をを見せられると
私は見たくないものを見せられているような感じでした。

香港には本当に綺麗な女性がいませんでした。

脱毛している日本女性だから
私は毛が生えていたら逆に色っぽいと想像してしまうのでしょう。

香港のビデオショップには日本のアダルトビデオがたくさんありましたが
香港の女性は脇の毛を見せながら裸にならないので日本女性の裸があふれています。
でも香港の男性が日本女性の裸を見たい気持ちが良く分かるような気がします。






posted by 上杉鷹山 at 17:32| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

NHK「鶴瓶の家族に乾杯(福井市)」

5月2日(月)午後8時からのNHKテレビ「鶴瓶の家族に乾杯」は福井市が舞台で
ゲストは女優の水川あさみでした。 ロケ日は昨年12月18日です。

私は福井市で3年間勤務したことがありましたので放送日を楽しみにしていましたが
東日本大震災の影響で放送は3月から5月に延期されたのです。

水川あさみは今年のNHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」で
織田信長の妹である絶世の美女・市の娘である三姉妹の次女・初を演じていますので
市の夫であった柴田勝家の北の庄城があった福井市を舞台に選んだのでした。

最初笑福亭鶴瓶と水川あさみは北の庄城跡にある柴田神社に参りましたが
柴田勝家、市、三姉妹の銅像があり三姉妹神社も作られていて綺麗に整備されていました。

この番組の中でゲストが笑福亭鶴瓶と別れ単独で行動する場面がありますが
水川あさみは福井市の商業中心地である順化の片町通りを訪れたのです。

彼女が通りを歩いているとテレビ画面にソースかつ丼で有名なヨーロッパ軒の店
それに続いて繊維産元商社広燃の看板の付いた建物の一部が映りました。

そしたら彼女は広燃の隣の手打ちそばの店「さのや」に入ったのです。

当時私の勤務していた営業所が「さのや」のすぐ近くにありましたので
私は「さのや」で昼食を食べたり或いは会社で出前を取ったりしていました。

テレビカメラが店内に入った時に私は20年振りぐらいに店内を見たのです。

水川あさみは店のお勧めの大根おろしの入ったおろしそばを食べていましたが
私もおろしそばやごはんの丼ぶりものをよく食べました。

彼女はご主人からそばの打ち方を教わり奥さんとも話をした後に
呉服町商店街の創業が慶応元年で永平寺御用達でもある
和ろうそく製造販売のお店「小大黒屋」を訪れました。

当時私は会社近くのマンションに住んでいましたので
呉服町商店街を横切って歩いて通勤していました。

今となっては懐かしい福井市ですが
福井への転勤を告げられた時は複雑な気持ちでした。

というのは福井で勤務されていた先輩社員が
ソウル出張中にホテルから飛び降り自殺をされたので
私が福井に転勤しその先輩の代わりをしたのですが
問題がありやりたい仕事ではありませんでした。

そのうえ1963年(昭和38年)日本海側を襲った三八豪雪で
福井市が陸の孤島化したために
自衛隊が出動して除雪作業をした記憶が強く残っていたので
大雪が恐怖でしたが私が勤務した3年間は雪があまり積もりませんでした。

でも過ぎ去って見れば不思議なもので
懐かしい良い思い出ばかりが残っているのです。

福井市を去る日に毎晩定食を食べた片町通りにあった食堂のおばさんから
餞別にお金を頂いた時には涙が出てきました。

今回の「鶴瓶の家族に乾杯」の水川あさみの福井市訪問を見て
私は当時の福井勤務のことをいろいろ思い出したのです。

posted by 上杉鷹山 at 11:36| Comment(0) | 北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。