2009年10月20日

天地人

私は仙台で勤務していた時に米沢(山形県)に2度行ったことがありますが
何故米沢に上杉謙信を祀る上杉神社があるのか不思議に思っていました。

私は長野市で勤務した時には郊外にある川中島の合戦の地に行きましたが
この地で越後の上杉謙信、甲斐の武田謙信が相まみえているのです。

川中島には両武将が戦う有名な姿の大きな像が記念に建てられています。
それなのに上越から遠く離れた米沢に上杉神社があり上杉謙信の銅像もあるのです。

この私の疑問はNHKテレビの「天地人」によって解消されました。

昨年の篤姫、今年の直江兼続と私の知らない人物が大河ドラマの主人公ですが
両作品とも非常におもしろく歴史の勉強になります。

上杉家は上杉景勝の時に豊臣秀吉によって
越後から会津に120万石に加増移封(いほう)されましたが

秀吉方の上杉は関ヶ原の戦い後に徳川家康によって30万石に減移封され
米沢に移ったのです。

「天地人」を見ていると上杉神社に参拝したくなりました。

※移封とは大名などを他の領地へ移すこと。国替え。
posted by 上杉鷹山 at 17:44| Comment(0) | 人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

喫茶店で見かけた銅メダリスト

昨日の午後京阪樟葉駅(大阪府枚方市)のKUZUHAモール内にある
喫茶店シュハリロッカン(守破離六甘)
ある塾の懇親会でお会いした方と
約3時間半程ビジネスの話をしました。

その喫茶店はくずはモールの西館1Fにあり
変わった店名ですがシャレて落ち着いた喫茶店でした。

店内に入り2時間ぐらい経った頃でしょうか
綺麗なウエイトレスが私の目に入り彼女を見ていると

そこに北京オリンピック陸上競技400メートルリレーで
アンカーを努め銅メダルを獲得した朝原宣治さんが
お連れの男性と二人で席に着くところでした。

二人ともスーツ姿でした。

私は朝原さんの名前がすぐに浮かんでこなかったので
同席の方に「同志社の銅メダリスト」と言っていました。

私たちの席から彼らの席は少し離れていましたが
陸上の練習で鍛えた陽に焼けた顔で
喫茶店の席に座っただけでも彼は輝いていました。

土曜日でしたので彼が所属している大阪ガスの仕事ではなく
多分講演会か或いは何か私用で樟葉に来られたのでしょう。

彼らは20-30分ぐらいで店を出て行きましたが
一流の選手を見るとこちらの気持ちも華やいでくるのを感じました。

その後私は祇園の夜桜と円山公園の枝垂桜を見るために
京阪電車に乗り三条駅で降り地上に出ますとKYOUENの中に
シュハリロッカン京都三条店が目の前にありました。


posted by 上杉鷹山 at 12:12| Comment(0) | 人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

上杉鷹山

ジョン・F・ケネディが第35代米国大統領に就任した時に
日本人記者団から「あなたが日本で最も尊敬する政治家は誰ですか?」と
いう質問を受けてケネディは「上杉鷹山」と答えました。

おそらく日本人記者団の中で上杉鷹山の名をしっている人はいなかったであろう。

上杉鷹山とは誰かとなったそうです。

鷹山公は江戸時代に米沢藩の藩政建て直しに成功した名政治家で
財政危機に瀕する現代日本にとって学ぶべきところが多いの人なのです。

私は仙台に5年半勤務して東北6県のいろんな市町村を訪ねましたが
今でも唯一悔いが残っているのが山形県米沢市の上杉神社にある

「なせば成る、なせねばならぬ何ごとも、成さぬは人の成さぬなりけり」
という鷹山公のことばが刻まれている上杉鷹山の銅像を
見ることが出来なかったことです。

上杉神社の近くのお店で米沢牛を食べましたが
雪のある夜の寒い日で残念ながら訪れることが出来ませんでした。



posted by 上杉鷹山 at 23:08| Comment(0) | 人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。