2014年07月31日

成功法則

毎週送られてくるセミナーズのメール案内で
私は4月に開催されたアンソニー・ロビンズの初来日セミナーに
池松耕次さんがスピーカーとして登場されたことを知りました。

ネットワークビジネスのナチュラリープラスで成功された池松さんが
どうしてアンソニーロビンズのセミナーに登場することができたのか
不思議に思っていました。

その池松耕次さんの講演「夢叶習慣100分10」が27日(日)13時から
JR京都駅八条口の龍谷大学アバンティ郷都ホールであったので
参加してきました。

入場者は200名ぐらいだったでしょうか?
入場者の大半はナチュラリープラスの関係者のように思えました。

彼は高校を出ると英語も話せないのにアメリカに渡り
空手道場を開きましたが上手くいかず
その後職を転々としていた時に
一時帰国したらビザの関係で再渡米できなくなったので
当時勤めていたアメリカの会社の香港支店で働くことになったそうです。

そこから紆余曲折を経て
独立して自分のシルク製のアパレルの事業を拡大していくのですが
縫製工場を買い取った時に負債が5億円付いていることを知らなかったのです。
全財産を処分しても債務は3億円が残りました。

私は成功法則をいろんな方々から学んできましたが
彼の話は失敗や成功の実体験に基ずいているので
今まで私が学んできたことがより具体的で鮮明になりました。

この講演の参加規約に
講演の内容を無断で公開しないこととなっていましたので
ここではお伝えできませんが
成功法則を学んでいる方には納得できるのではないでしょうか。

彼は今までに7,000万円をつぎ込んで成功法則を学んできましたが
それ程お金をかけなくても700万円ぐらいで
成功法則は分かるのではないかと言っていました。

彼は3億円の借金のため毎日中国マフィアに追われたために
うつ病になり自殺も考えたりしていた時に
友人から勧められたナポレオン・ヒルの著書を読んだのが
成功法則を学び始めた最初だそうです。

今後どうやって生きて行っていいのか分からなかったどん底の時に
彼は取り敢えず本を読んでみたそうです。
本の様に上手くいくのかと思いましたが
やることもなかったのでやってみたら
すぐに結果が出たのではありませんが
上手く人生が回りだしたのです。

詳しいことは夢叶習慣100分10に参加して学んでください。
彼のオフィイシャルサイトに彼のストリーの一部が載っています。
彼の行動力の凄さが分かります。


posted by 上杉鷹山 at 15:27| Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月11日

パワーの出る語録

一昨日ある方のメルマガに次のような語録が紹介されていました。


【正藩語録】

実力の差は努力の差
実績の差は責任感の差
人格の差は苦労の差
判断力の差は情報の差

真剣だと知恵が出る
中途半端だと愚痴が出る
いい加減だと言い訳ばかり

本気でするから大抵のことはできる
本気でするから何でも面白い
本気でしているから誰かが助けてくれる



これを読んで成る程と納得しました。
サラリーマンであっても自営業者であっても
どの業界で勤務していても
この語録を胸に刻んで実行すれば
必ず成功するのではないでしょうか。
みなさまもこの語録をよく読んでみてください。
posted by 上杉鷹山 at 17:30| Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

コミュニケーションスキル

2008年10月25日に大阪で開かれたwizliの会員向けに無料で開催された
小森康充さんの「コミュニケーションスキルセミナー」の資料が
出てきましたのでブログに書いてみます。

小森さんは同志社大卒、P&Gジャパン、日本ロレアル、COACH JAPANで
20年間の営業、マネジメント経験の後、神戸学院大学客員教授を歴任。

2008年人材育成コンサルタントとして独立、著書「スベらない商談力」。
ホームページ http://www.giantkevin.com/


セミナーの目的: 最も効果的な説得の方法、信頼関係構築のポイントとは?
人は自分の話を聞いてくれ自分を理解してくれた人に心の窓を開き
その後に初めてその人の話を聞く心の準備が出来ます。

購買の原則とは人はその人が欲しいもの、好きなもの、必要なものを買い
あなた(営業員)が買ってほしいものを買うのではないということです。

● コミュニケーションスキルの2つのステップとは

1. 相手のニーズ(欲しいもの、好きなもの、必要なもの)を聞き出すこと。

これに70%の力をかける。

2. あなたのアイデアが相手のニーズに如何に合致しているかを説明すること。

「心の窓」とは相手と仲良くなれた時に人は「心の窓」が開き、
喧嘩をして別れてしまった時に「心の窓」が閉じます。

人には「心の窓」があると考えられます。

「心の窓」は相手が誰であるか、会話の内容がどうであるかによって決まる。

● コミュニケーションの4つの障壁

1. 固執する姿勢: 自分の主義・主張を変えない。相手に押しつけようとする。

2. 自己主張: 自分の価値判断を述べる。

3. 目的の不明瞭さ: 相手が何故このような話を自分にするのか分からない。

4. 時間のプレッシャー: 商談・行動などをするのに十分な時間がない。

● 心の窓を開ける6つの応答、具体的話法のテクニック

1. 誘導: 目的 何でもいいので相手に話続けてもらう。

「と言いますと」、「ほー」、「なるほど」、「あーそうですか」、「いいですね」、「それで」

2. 沈黙: 目的 次の言葉を出してもらう。相手に考える時間を与える。

アイコンタクトが重要(相手を優しく見つめる)

「沈黙は相手に破ってもらう。自分から破らない。」

「沈黙の後に出てくる言葉それがキーワード」

3. 繰り返し: 目的 強調 相手から出てきたキーワードを繰り返し強調する。

そのことについて深く話してもらう。キーワードを逃がさない。

「他にないですか?」(話題の転換)とペアーで使う。

4. 質問(心地よい質問): 褒める。心地よくする。相手のしてほしい話題をする。

5. 質問(立ち入った質問): 聞きにくいが答えて欲しい質問。

相手の心の窓が十分に開いてからにする。

6. 解釈: 目的 聞き出したことの確認をする。


まとめ 自分の理解と相手の本音が合致しているかどうかを確認。

「他にないですか?」がキーワード。

● ロールプレイ

相手の一番楽しいことに焦点を当てて聞き出してみる。

6つの応答を効果的に使う。

より詳しく相手が心地よく話せるように聞き役に徹する。

相手の欲しいものは何か?

それを実現するのにあなたはどういう手助けが出来るか?

相手の心の窓を開いてみましょう。

相手をとことん褒めてみましょう。

● クロージング(注文をもらう、話を締結する)の5つのポイント

1. 注文を聞く。

2. 二者択一をしてもらう。

3. 相手に答えさせる。

4. 次の行動を述べる。

5. 沈黙する(相手に考える猶予を与える)。

● 相手を説得するテクニック

1. 事実 2. 数字 3. 論理

日頃使うスキルを継続性のある習慣化出来るところまでやって初めてトレーニングと言える。


posted by 上杉鷹山 at 17:09| Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

スピードサクセスアクションプラン

私は2007年11月23日から25日までの3日間
シンガポールのSingapore Expoで開催された
ハーブ・エッカーの「ミリオネアマインドセミナー」に参加しました。

ハーブ・エッカーに関しては本田健が彼の著書を翻訳し
「ミリオネア・マインド大金持ちになれる人」という本を
三笠書房から発行しています。

そのセミナーで同時通訳をされていました井口章さんから先日送られてきました
ビデオの中で彼が5月2日から3日間スピードサクセスセミナーを開催するに当たり
上記の記事タイトルで話をされていました。

役立ちますので参考に内容をまとめてみました。


成功の80%は心理学(マインドセット)で残り20%がやり方(スキル)である。
私たちには”自分は十分ではないのではないか?”
”自分は愛されてないのではないか?”という二つの恐怖があります。

→恐怖との付き合い方・恐怖をコントロールの仕方を知る必要がある。

人生とは何か? 私たちは感情を得るために生きている。 感情が行動の源である。

感情を変える3つの要素 

1.体の使い方 2.言葉の使い方 3.Focus(焦点)→感情を作る。

人生の意味付けを変える。すなわち唯一コントロール出来るのは「意味」だけである。


6つのヒューマンニーズ

 1.確実性、安全 2.バラエティー、不確実性 3.自己重要感

 4.愛と繋がり  5.成長  6.貢献


コミュニケーション、 人生の質=コミュニケーションの質

 ・自分とのコミュニケーション(重要、私たちはこれが出来ていない)

 →明確さは力→意味づけが人生を決める→意味を変える→人生が変わる

 ・他人とのコミュニケーション


コミュニケーションの三つのタイプ

  1.言葉 7% 2.声のトーン 38% 3.体の使い方 55%(重要)


2つの重要なマインドセット

  1.何が起こるかは問題ではない、重要なのはあなたが何をやるか

  2.自分が変化の中心になる→変化をもたらす最大の要因はモデリング

(やり方をまねる)、自己投資→どういう人間になったか?


究極の成功方程式

 1.欲しい結果を明確にする 2.欲しい理由を明確にする

 3.大量行動を取る 4.自分が何を得ているかを知る

 5.アプローチを改善する


永続的な成功のためのマインドセット

 1.今、変わらなければならない

 2.私が今、変わらなければならない

 3.私が今、変えることが出来る
posted by 上杉鷹山 at 15:36| Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。