2014年12月04日

外資系ホテルが続々と京都に開業

12月2日、テレビ大阪(東京)午後11時からのWBSの番組で
「京都のホテル」を特集していました。

今年2月 ザ・リッツ・カールトン京都が、二条の鴨川沿いに開業しました。

今年冬  フォーシーズンズ京都が、東山七条に開業予定です。

来年春  不動産開発の森トラストが誘致して、スターウッドホテル&リゾートが運営する
      日本初進出の最高級ブランド「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」を
      嵐山に開業予定です。
      観光シーズンの標準客室は1泊10万円程度、宿泊客外国人比率50%を見込む。

来年9月  アマンリゾーツがアマン京都を洛北の鷹峰(たかがみね)に開業予定。

現在、京都のホテルは、ほぼ満室状態で
京都市も外国人宿泊客数を年間300万人を想定していることもあり
高級外資系ホテルは、京都に続々と進出し富裕層の宿泊客獲得を目指します。

そこで問題になるのがホテルの人材不足です。
テレビでは平安女学院大学観光学部の授業の様子が伝えられ
大学はホテルに供給する人材育成に努めていますが
女学生はホテル以外でも人気で100%の就職率です。

そして高級旅館「星のや京都」の人材確保の様子も伝えていて
星のや京都では年間3回に分けて人材を募集し
若い人たちに責任を持たせてやらせています。
2009年12月16日のブログ「星のや京都12日オープン」を
読んでみてください。


posted by 上杉鷹山 at 14:26| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月27日

銀座の発祥地は伏見です


2009年11月21日発行のリビング京都に
面白い記事が載っていたことを思い出し
実際にその場所に行ってきました。

銀座といえば東京ですか?
実は銀座という地名は江戸時代の伏見から誕生したんです。

銀座とは貨幣の鋳造・発行を行った役所のことで
徳川家康が天下統一策として貨幣の統一を試み
伏見に設けたのが最初とされています。

伏見が選ばれた理由としては
「港があり、原料となる銀の輸送に便利」
「河川を通じて交易がしやすい」
「御所(公家)からあえて距離をおいた」
などが考えられるのだとか。

後に駿府、江戸、大阪など全国に広がって行き
現在の伏見区にも「銀座町」として地名が残っています。

大手筋商店街のそばの銀座町1丁目には
伏見銀座跡」を示す石碑があります。

※大手筋商店街は京阪桃山駅
或いは近鉄京都線桃山御陵前駅下車 すぐです。


posted by 上杉鷹山 at 14:02| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月14日

醍醐寺の桜

IMG_0297.JPG

私は3年前の2009年4月の土曜日に
豊臣秀吉が花見をしたことで有名な「醍醐の桜」を見ようと
世界遺産の醍醐寺(伏見区)の総門前まで行きましたら

あまりにも大勢の人出なので
拝観をあきらめて中に入らず周辺の桜だけを見て帰ってしまいました。

そこで今回は平日ならゆっくりと桜を見れるだろうと
昨日の金曜日の午後に醍醐寺に行ってきました。

桜は満開或いは満開を少し過ぎたぐらいでしたが
平日でもかなりの人出がありました。

私はまず最初にテレビ朝日が「報道ステーション」の番組内で
大きなクレーンを使って大々的に
秋の紅葉を中継していたことのある三宝院の庭園を拝観しました。

ところが庭園の写真撮影は禁止と知り
テレビ朝日がテレビカメラを入れて中継したということは
醍醐寺側といろいろ交渉があり

そのうえテレビカメラやクレーンを庭園内に入れるのも
困難な作業があったことだろうと推測出来ました。

庭園は豊臣秀吉が「醍醐の花見」に際して自ら基本設計し
桃山時代の華やかな雰囲気を伝えている見事な庭園でした。

三宝院の大玄関前には大きくて立派な桜の樹が何本かありますが
庭園内には桜の木は一本しかありませんので
秋の紅葉時に訪れると格段と素晴らしいと思います。

その後西大門を入り五重塔・金堂・弁天堂・不動堂・観音堂・無量寿苑を拝観して
周りの桜を見ながら霊宝館に行きました。

霊宝館の庭園内にある桜は期待通り筆舌に尽くしがたいほど綺麗でした。

桜の花をいろいろ見てきましたが今まで見た桜の中でも一段と美しく
やはり京都の桜だと思えるほど華やかなです。

平成館の休憩室はショーウインドのように超大型の長方形のガラスが一面に入っていて
ガラス越しに見る桜はまるで映画のスクリーンに映っているかのような感じでした。

休憩室の椅子に座って見ていると1時間ぐらい飽きずに見ていることが出来るでしょう。
霊宝館の桜は1本1本の樹が美しかったです。

本館・平成館・仏像棟にある展示物も興味があるものばかり素晴らしかったです。
写真の桜は横に枝が広がり全体を映すことが出来ませんでした。

皆さんも機会があれば一度「醍醐の桜」を見に醍醐寺を訪れてみてください。







posted by 上杉鷹山 at 12:08| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

世界遺産の西芳寺(苔寺)と鈴虫寺

私は西芳寺が古都・京都の世界遺産の一つであることは
知っていましたがまだ一度も訪れたことがありません。

西芳寺は庭一面が苔に覆われていることから
別名「苔寺」とも呼ばれています。

10月24日の毎日新聞夕刊を読んでいたら
5日に亡くなったアイフォーンやアイパッドなど
世界的な人気製品を生み出した

アップルの共同創業者スティーブ・ジョブズ氏は
「かなりの日本好き」だったという記事が載っていました。

その記事の中にジョブズ氏はお忍びで何度も京都を訪れ
俵屋旅館を定宿に娘と西芳寺を訪ねていたとあったのです。

そのことを知り地図で西芳寺のある場所を確認してみると
近くに鈴虫寺がありました。

私は以前テレビ朝日の女性アナウンサーが休日に京都に行き
鈴虫寺に行ってきたことを話しているのをテレビで見て

初めて鈴虫寺を知ったのですが
西芳寺の近くとは知りませんでした。

私は西芳寺と鈴虫寺に行ってみたくなったのですが
調べてみると西芳寺は事前に往復はがきで
申し込みをしなくてはならないことを知りました。

受け付けは2ヶ月前から7日前まで(先着順)です。



posted by 上杉鷹山 at 17:10| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

なのにあなたは京都へゆくの

昨晩午後8時からテレビ大阪で
昭和40年代の各年の名曲ベストヒット歌謡の番組が
約3時間近くありテレビを見ていました。

そしたら私が大学生の頃にFM放送でよく聴いていた
チェリッシュが歌う「なのにあなたは京都へゆくの」という曲の
昔のビデオが流れたのです。

私が大学を卒業してからこの曲を聴くことがなかったので
その曲を聴いた瞬間学生時代のことが走馬灯のように駆け巡ったのです。

ナツメロ歌謡の番組や特集が各テレビ局でありますが
「なのにあなたは京都へゆくの」を聴いたこともなかったので
私はすっかりこの曲の存在を忘れていました。

番組が終わると私は早速もう一度この曲を聴いてみたくなり
PCでこの曲名を検索してみますと
この歌のYouTubeがありました。

多分この曲を知っているのは40代から上の世代だと思いますが
若い世代の方も一度聴いてみてください。



posted by 上杉鷹山 at 17:18| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

京都の人気デザインホテル

京都の人気ホテル順位がYahooに載っていたので見てみると
一位は「ムメ」というデザインホテルとなっていました。

私は全くこのホテルの名前を聞いたこともなかったので
調べてみると宿泊者は外国人が多くこのホテルを絶賛しているのです。

昨日の京都新聞夕刊にこのホテルのことが書かれていて
やはり人気があることが分かりました。

祇園の繁華街東山区梅本町に
全7室と小規模ながら豪華なしつらえの
デザインホテル「ムメ」は2年前にオープンしました。

1室2万円台からで白川に面する部屋や海外で買い求めた調度品
老舗の唐紙をふんだんにあしらった内装が話題を呼び
海外を中心に連日多くの客が訪れています。

大規模な外資高級ホテルにはない家庭的で洗練された業態が
新たな顧客を呼び込んだ形になっています。

海外のホテルでヒントを得たというオーナー柴田尚子さん(38)によると
滑り出しは順調で2週間ほど連泊する海外観光客もいて
リピーターも多いそうです。

皆さんも京都に来られる予定があるのでしたら
一度試しに予約されてみては如何でしょうか。
posted by 上杉鷹山 at 17:58| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

東北出身の舞妓さんは11人

私は仙台勤務の時に営業で東北地方の太平洋岸も訪れていましたので
今回の東日本大震災による津波の大被害をテレビで見て大衝撃を受けました。

全国各地で被害地の人たちを支援する募金活動が行われていますが
21日夜のNHKテレビのニュースを見て
舞妓さんたちも募金活動をしていることを知りました。

2009年2月に放送されたテレビ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」
矢島美容室京都探訪特大SPで
17才と16才の山形県と佐賀県出身の祇園東の舞妓さんが登場されたので

私は山形県出身の舞妓さんがいることは知っていましたが
翌22日の京都新聞朝刊を読み
東北出身の舞妓さんは11人もいることを初めて知ったのです。


京都新聞の記事の冒頭部分を書き写してみました。



京都の五花街(かがい)が協力して
東日本大震災の被害地を支援する募金活動を21日京都駅ビルで実施した。

被災した東北出身の舞妓も参加して観光客らに義損金を呼び掛けた。

募金は京都市と市観光協会、京都伝統伎芸振興財団が呼び掛け
祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒、祇園東から2人ずつ舞妓が参加。

五花街に在籍する東北出身11人のうち6人が活動した。



青森県弘前市出身の舞妓さんの実家が半壊したことも書かれていましたが
中学を卒業した15歳ぐらいの年齢で舞妓になる決心をし
京都に来て修行し舞妓さんになられたのには頭が下がります。

青森県から京都は遠いし送り出すご両親は娘のことが心配で堪らなかったと思います。

毎日新聞の記者が現在京都には舞妓さんは84人
芸妓さんは198人いると新聞に書いていましたので

84を5で割ると各花街には平均舞妓さんは17人ぐらいいて
2人ぐらいが東北出身者という計算になります。

posted by 上杉鷹山 at 15:16| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

武将に変身

先日京都五花街(かがい)の一つ宮川町を歩いていましたら
お店から五人の変身舞妓が出てきました。

そしたら彼女たちの後から男性が変身新撰組として現れたのです。

舞妓に変身させてくれるお店があることは知っていましたが
男性も変身して新撰組になれることを初めて知りました。

本日毎日新聞朝刊の「雑記帳」に面白い記事を見つけました。


京都市右京区の太秦で時代劇撮影用の小道具を扱う高津商会
3日戦国武将への変身プランを発売した。

舞妓を体験できるプランは多いが武将は珍しい。
ファンの要望で実現。撮影で使われた甲冑を着けて記念撮影できる。

侍大将から武田信玄や真田幸村ら有名武将までそろい
基本料金は30分5,000〜2万3,000円。

オプションで東映太秦映画村や嵐山などロケ地での出張撮影も可能だ。
ただし鉄製の甲冑の中には重さ20キロを超えるものもあり
「武将萌え」の歴女は身動きに苦戦するかも。

記事はここまで。

私でも一度武将に変身してみたいと思うような企画ですので
宣伝すれば需要はかなりあるのではないでしょうか。
外国人の観光客にも喜ばれると思います。
posted by 上杉鷹山 at 21:01| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

外国人観光客に人気の京都のカプセルホテル

本日NHK京都の午後6時10分から午後7時までの番組「ニュース610 京いちにち」で
外国人観光客に人気のカプセルホテルが紹介されていました。

昨年12月9日に下京区四条寺町にオープンしたそのカプセルホテルは
利用者の8割が外国人という日もあるそうです。

1階から9階の全フロアーのうち2階から5階までは女性用で
カプセルの奥行きは2m10cmありシャワー室はおしゃれで綺麗です。

カプセルの色は黒色ですが館内は白色で統一され
125人(男性75室女性50室)宿泊出来るそうです。

外国人に人気がある理由は@1泊4,000円A日本文化を体験したい
そのうえ清潔でおしゃれであるからです。

ヨーロッパからの観光客が多くホテルには英語のしゃべれるスタッフがいます。

テレビ中継ではスウェーデン人女性イギリス人男性フランス人男性たちが映っていました。

このカプセルホテルの経営者がインタビューを受けていましたが
NHKの番組ですのでカプセルホテル名は公表されませんでした。

経営者は時間単位で利用できるようにして多くの日本人にも使ってもらい
京都を紹介していきたいと語っておられました。

私はこのカプセルホテルの名前が分からないのでYahooで検索すると
ナインアワーズ」であることが分かりました。

皆さんも試しに泊まってみられたら如何でしょうか。
posted by 上杉鷹山 at 21:20| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

星のや京都12日にオープン

私は2006年1月10日NHKテレビで放送された「プロフェショナル仕事の流儀」で
軽井沢に本社を置く叶ッ野リゾートの社長星野佳路氏が取り上げられているのを見ました。

彼は主に経営が傾いた大型施設を引き受け徹底したマーケティングと
顧客満足向上等によりリゾート再生を果たし

2005年にはゴールドマンサックスとの業務提携を発表し
旅館の再生にも力を注いで積極展開で注目を集めておられる方です。

その星野リゾートが京都・嵐山で買収した老舗旅館「嵐山温泉・嵐峡館」の本館を改修し
高級旅館「星のや京都」を12月12日に開業しました。

嵐峡館は明治期創業の老舗旅館だったが
2006年に当時の経営者が亡くなった後休業していました。

星野リゾートは外観をほぼそのままに全室が川に面した好立地を生かして
客室を全面改装し部屋数を31室から25室に減らして1室当りの面積を広げ

音楽や映画を楽しめる書斎などを備えた2-4人部屋(広さ120平方メートル)や
ツイン(約35平方メートル)などがあります。
投資額は25億円。

「星のや京都」は星野リゾートが軽井沢町で運営する旅館「星のや」の2号店で
高級リゾート施設運営の手法を持ち込んでいます。

今日午後4時53分の関西テレビのニュース番組「アンカー」で
「京都嵐山生まれ変わる老舗旅館」というタイトルで
「星のや京都」のオープン前の様子が放映されました。

星野佳路社長は従業員40人を引き連れて京都にやってきましたが
叶ッ野リゾートはもともと軽井沢でホテルを経営している会社なので

従業員は男女とも若い人たちで旅館の従業員という感じではなく
ホテルの従業員という感じでした。
中には外国人もいました。

今年大卒の男性は施設責任者でありながら
入社後料理を学びそば打ちの仕事もさせられ一人二役です。

別の男性従業員は大手ホテル出身で飲食関係の責任者ですが
嵐山の船着き場から「星のや京都」まで舟の操縦をして
お客さんを運ぶというもう一つの仕事のために船舶免許を取得させられたそうです。

星野社長はオープン前パブに全従業員を集め乾杯しながら
権限は現場に全て委譲しバックアップするので

「星のや京都」に合わないお客さんには帰ってもらってもいいから
自信を持ってやってほしいと話をされていました。

若い女性従業員の一人は今までの社長の言葉をノートに取っていて
そのノートを社長に見せてサインをもらっていましたが

従業員が社長の言葉をノートに取っているぐらいですから
さすがNHKテレビの「プロフェッショナル仕事の流儀」という番組に
登場された社長だけあり若い人たちを魅了する何かがあるのでしょう。

若い施設責任者はオープン当日ランプが故障しているのが分かりましたが
修理する時間がないので自分独自の判断で取り外し
部屋の細かいところまでチェックしていました。

女性のお客さんたちは「星のや京都」の部屋を見て驚いていましたが
ゆとりのある富裕者層向きの超高級宿泊施設です。

テレビのキャスターは嵐山は交通の便が良いため観光客が留まらない傾向にあるので
今後如何にして宿泊してもらえるようにするかが大事と言っていましたが
京都に魅力的な宿がオープンしたのです。

「星のや京都」のホームページ http://kyoto.hoshinoya.com



posted by 上杉鷹山 at 21:45| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

京都・南座「吉例顔見世興行」

IMG_0519.JPG

昨日の新聞やテレビで京都・南座の師走を彩る
「吉例顔見世興行」(30日から12月26日まで)を前に

出演する歌舞伎役者の名前を書いた看板を正面に掲げる
「まねき上げ」がニュースになっていました。

まねきと呼ばれるヒノキの看板(長さ180cm、幅30cm、厚さ3cm)に
勘亭流独特の丸みを帯びた太い文字で

歌舞伎役者の名前が板いっぱいに書き込まれ
出演者全員のまねきが南座正面に掲げられたのです。

私はこのニュースを見て一年が過ぎるのが非常に早く感じました。

毎週木曜日午後11時17分から朝日放送で
「ビーバップ!ハイヒール」という大阪ローカルの番組

(出演者:ハイヒール、ブラックマヨネーズ、チュートリアル、
たむらけんじ、SF作家筒井康隆、漫画家江川達也
それにゲストの若い女性タレント)があるのですが

9月3日のこの番組で京大出身で分子生物学者である
青山学院大の福岡伸一教授が言われていたことを思い出したのです。

大人になると子供のころと比べ何故時間が短く感じられるのか?という問いに対して
福岡教授は体内時計の仕組みに起因すると答えておられました。

体内時計の秒針であるたんぱく質の新陳代謝速度が
加齢とともに遅くなる一方で物理的な時間のスピードは変わりません。

だから体内時計は「半年」の感覚でも
実際は「1年」ということになるのだそうです。

反対に子供の頃には新陳代謝速度が時間のスピードよりも速いから
時間が経つのが遅く感じられるのです。

福岡教授のこの説明が11月24日発行の毎日新聞夕刊にも載っていました。
もう南座で「吉例顔見世興行」が始まるのです。
posted by 上杉鷹山 at 14:28| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

京都国際マンガミュージアムに「火の鳥」

政権交代が実現しいよいよ民主党鳩山政権が動き出しました。

川端文部科学相がアニメーションやマンガなどを展示・保存する施設
「アニメの殿堂中止」を明言されています。

それなら京都市と京都精華大学が共同で運営している
「京都国際マンガミュージアム」を国も一緒になって運営したら如何でしょうか。

ところで22日「京都国際マンガミュージアム」に
漫画家の故・手塚治虫さんの作品「火の鳥」をモチーフにした
木製オブジェがお目見えしたという記事が今朝の毎日新聞朝刊に載っていました。

オブジェは縦4.5m、横11m、重さ500kg。
青い宇宙を背景に黄色の大きな羽根を広げた火の鳥です。

赤いとさかとピンクの尾羽がアクセントとして映えているそうで
極彩色の体色は原作のイメージそのもので
繊細なまつ毛も一本一本木から作られています。

京都市内在住の仏師が複数の木材を組み合わせる「寄木造り」や
ガラス玉で目を作る「玉眼」などの伝統的な仏像彫刻の技法を用いて制作しました。

火の鳥の体はにかわと顔料で塗られ
その色調は飛鳥時代の装束のような古代的な印象に仕上がっているそうです。

漫画の芸術性を世界に発信する同ミュージアムの新たなシンボルとして
京都観光の人気を集めそうです。

JR京都駅の地下にも音と光のオブジェ「火の鳥水時計」があり
待ち合わせ場所になっています。
posted by 上杉鷹山 at 17:46| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

大文字五山送り火

お盆に戻ってきた先祖の霊をあの世に送る京都の夏の風物詩
「大文字五山送り火」が8月16日夜にありました。

午後8時に東山・如意ケ嶽に「大」の字が現れ
続いて東から順に「妙法」「船形」「左大文字」「鳥居形」が浮かび上がりました。

私は何回か送り火を見ましたが五山とも見たという覚えがありません。

ところが一昨年の8月16日NHKが全国放送で五山送り火を生中継しましたので
自宅のテレビを通して完全に五山を見ることが出来ました。

NHKは京都市内にテレビカメラ中継車を何十台と配置して
着物姿の女性アナウンサーが洛北高校の屋上から様子を伝えていました。

京都市は建物の高さを厳しく制限していますが
それでも昔と比べると建物は高くなっていますので
余程いい場所でなければ五山送り火を全部見ることは出来ないでしょう。

今年の梅雨明けは遅く近畿地方は8月に入ってからでしたが
五山送り火が終わり京都の夏は残り少なくなってきました。
posted by 上杉鷹山 at 15:50| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

芸舞妓と変身舞妓

今週発売の週間ポスト7月24日号の撮り下ろし衝撃グラビアは
祇園の芸妓「佳つ乃」です。

日本一有名な芸妓が魅せた白い肌
京都祇園を艶やかに染める芸妓が魅せた白い肌
吸いつく柔肌などいろいろ見出しが付いています。

彼女は舞妓の時代に有名な俳優や歌手との仲が話題になり
マスコミにいろいろ取り上げられた芸妓さんです。

私は四条河原町から祇園の辺りによく行きますが
芸舞妓さんを見かけたことはほとんどありません。

ところが昼間に八坂神社の階段下や「ねねの道」の近くで
着飾った舞妓さんを見かけたことがあるのです。

舞妓さんが昼間に着飾ってこのような場所に来ることはまずないので
私は素人女性の「変身舞妓」とすぐ分かりました。

化粧・髪型は別にして
着物の着方や雰囲気、歩き方、しぐさを見れば一目で分かりますが
見慣れていない方には変身舞妓が本物の舞妓さんのように映るようです。

八坂神社階段下では観光客が変身舞妓を取り囲み
本当の舞妓さんと勘違いして写真を撮っていました。

見ていてこちらの方が恥ずかしくなってきます。

変身舞妓は外国人たちにも写真を撮られていました。

最近素人女性を舞妓に変身させてくれる店を市内でよく見かけますが
彼女たちには京都の良い思い出になっているのでしょう。

「佳つ乃」のブログ



posted by 上杉鷹山 at 15:33| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

予約が2年後まで入っている京都美食宿

テレビ朝日の日曜日の午後11時から30分間の番組「素敵な宇宙船地球号」ですが
一昨日は「京都美食宿」−摘草料理のヒミツ−という題で放映されていました。

この番組の案内をコピーしましたので読んでみて下さい。





京都市北部、深い山々を背後に控えた花背の地に、
予約の取れない美食の宿、美山荘があります。

客の目当ては「摘草料理」。

年間100種類にも及ぶ季節の山の恵みと清流に泳ぐ魚をふんだんに使い、
自然をそのまま器に写し取ったような大胆な盛り付けで供される華やかな料理です。

花背は京都の街からわずか1時間のところ。

ここには田ゼリ、アザミ、コゴミ、タラノメ、山ウド・・・など
さまざまな種の野草や山菜が豊富にあります。

なぜこの地には豊かな森が広がっているのでしょうか。

その答えは背後に広がる大悲山にあるようです。

また、「摘草料理」は普通の山菜料理と何が違うのでしょうか。

今回は、女優・室井滋が美山荘を探訪し、摘草料理を育んだ豊かな花背の自然と、
食材を無駄なく美味しくいただく工夫をするその心を紹介します。







この宿は全部で4部屋しかなくテレビもなく携帯電話も通じないそうです。

ご主人はフランスで料理の修行をされていて
テレビの画面には銀座のレストランでフランス人の料理人に
山菜の用い方を教えている場面も出てきました。

この宿に泊まれば1日の時間がゆっくり流れていくのが感じられるでしょう。

テレビでは2年後まで予約で一杯と伝えていましたが
ご関心ある方は試しに当ってみてください。



posted by 上杉鷹山 at 21:16| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

外国生まれの芸妓さん(元舞妓さん)が委員に

昨日の毎日新聞朝刊に京都市が6月にも設置する
「次期京都市観光振興推進計画(仮称)策定委員会」の委員に
宮川町の芸妓(げいこ)・小桃さん(24)が選ばれたと言う記事が載っていました。

メキシコ生まれで中学時代は中国で育った小桃さん。

優れた国際感覚を持ち、京都文化の象徴である花街(かがい)で働く経歴に注目した市側が
「幅広い視点から意見を伺いたい」と就任を打診したそうです。

芸妓さんが市の委員になるのは初めて。

全国から舞妓さんになるため若い女性が京都に来ていますが
外国生まれ外国育ちの女性もおられるのです。

観光について小桃さんが最初に挙げた問題点は、
芸舞妓を取り巻く環境の悪化について。

観光客は年々増加し年間5,000万人を超えていますが、
一部の人が花街のしきたりを理解しておらず、

最近ではカメラを持った外国人が芸舞妓を追い回したり、
着物を引っ張ったりするトラブルも起きているという。

小桃さんは「訪れたお客さんとそこに暮らす人たちが
共存できる観光になるよう提言していきたい」と意気込んでおられるそうです。

一方で、花街や鴨川河川敷のごみ箱の数を少ないと感じており、
「ディズニーランドのように常にきれいにしてくれれば

イメージも向上するはず」とした上で
「今すぐにもできることはある」と行政の果たす役割が
大きいと指摘されているそうです。
posted by 上杉鷹山 at 14:26| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

京都競馬場

IMG_0250.JPG

昨日私は天皇賞が開催されたので京都競馬場に行ってきました。

京都競馬場は私の自宅から車で30分ぐらいで行ける範囲内にあるのですが
私は競馬に全く興味がなかったため一度も入場したことがありませんでした。

ところが一昨日テレビで天皇賞が開催されることを知り
京都競馬場を一度見てみたいと思いましたので
自宅近くのバス停からバスに乗り行ってきました。

京阪淀駅前に着きますと京阪特急で通過していたために気づかなかったのですが
大阪方面側の京阪淀駅は高架工事で既に新しい駅舎がほぼ完成していました。

私は午後2時過ぎに競馬場に入場しましたが入場料は200円でした。
競馬場は馬券で稼ぐため入場券は安いことを初めて知りました。

午後3時40分に始まる天皇賞までパドックを見たりして競馬場の中を
見物して時間を過ごしたのですがなにしろ人が多かったです。

今回は京都競馬場と馬が走るのを見るのが目的のため馬券を買いませんでした。

人が多くて買い方がよく分かりませんし
何を買えばよいか分からなかったです。

私は競馬コースがよく見渡せる4階に上がりました。

話しに聞いてはいましたが実際見ると京都競馬場は芝生が綺麗で広かったです。

午後3時半になると場内に散っていた入場者が観客席に集りだし
8万人の入場者があることを放送で伝えていましたが人の多さに驚きました。

こんなに多くの人を見たのは初めてでしたが
ちょっとした大きな市の人口で歓声が怒涛のように鳴り響いていました。

10レースの天皇賞が終わると観客が少し減りましたので
私は11と最終の12レースを見るため1階に降りゴール近くで残り2レースを見たのです。

20頭近い馬が目の前を走っていく光景は非常に迫力がありました。

馬券を買わなくても馬が全速力で走っていく姿を見ているだけで競馬場は楽しかったです。

次回は重賞レースが開催されない日に来て馬券を買ってみようかと思いました。

安田美沙子が京都競馬場帰りの東京の芸能プロダクションの方に
JR京都駅の伊勢丹靴売り場で声を掛けられて
グラビアアイドルになったと言っていましたが

5月の連休で高速料金が1000円なので
全国各地から京都競馬場に来られたのではないでしょうか。

失望したのはスポーツ新聞・競馬新聞・馬券・食べ物の入れ物などのゴミが
大量に競馬場内に散らかっていたことと

天皇盾を授与する時に君が代の演奏があり放送で起立を求められているのに
着席している人があまりにも多すぎたことです。

天皇賞でこのような状況ですから日本の競馬場は紳士・淑女の集る場所ではないようです。



















posted by 上杉鷹山 at 16:33| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

鴨川ホルモー

今から2・3年前に私が書店で新刊書のコーナーを見ていましたら
変わった題名の小説が目に入りました。

その小説の題名は「鴨川ホルモー」です。

著者は誰かと調べると万城目学(まきめまなぶ)という京大出身の作者で
京都が舞台で中味も面白そうなので少しの間立ち読みをしたのです。

でもその時は私は長い間小説を読むことにご無沙汰していましたので
本を購入することもなく書店を立ち去りましたが
その本の題名と作者は私の頭に強烈に残りました。

そしたら2008年に彼の小説「鹿男あをによし」がフジテレビでドラマ化され
奈良が舞台で綾瀬はるかが出演していましたので
私は何回かこのドラマを見たのです。

最近テレビでお笑いコンビのはんにゃが4月18日(土)から公開される
映画「鴨川ホルモー」のCMをやっていますが
本日の毎日新聞夕刊を見てびっくりしました。

映画「鴨川ホルモー」の宣伝広告が1・2・5・7・10・11・12面に載っていて
5面は全面広告になっているのです。

夕刊の12面中7面に映画の宣伝広告が載っている
日本映画が最近あったでしょうか。

こんな大掛かりな広告をする邦画は最近見かけないので
どんな出演者がいるのかと言うと私が知らない人ばかりで
知っているのは女優の栗山千明ぐらいなものです。

何年も映画館で邦画を見たことのない私でもこのような新聞広告を見ると
舞台が京都で学生のお祭りコメディなので足を運んでみようかと思うのです。

万城目学とロザンの宇治原史規は京大法学部の同級生で
法学部の1学年上に1999年の芥川賞作家の平野啓一郎がいたそうです。
posted by 上杉鷹山 at 18:14| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

京都大学入学式

今朝の毎日新聞朝刊に京大の入学式の記事が載っていました。

初めて学外の大規模会場で開かれた京大の入学式に
新入生約3,000人に対して保護者約4,000人が参加されたそうです。

大学側が用意した保護者席2,100人は見る見る満席になり
立ち見の父母らがずらりと取り巻く事態に「予想以上」と
苦笑する職員もいたそうです。

昨年までは京大総合体育館で開き
地下に入学式の様子を映すスクリーンと
保護者席1,500人分を用意しましたが
近年は会場に入りきらず今年から京都市勧業館に変更したそうです。

京大に合格した自慢の息子・娘に親が付き添って行きたい気持ちが
分からなくもありませんが新入生より保護者の方が多いというのに
私は呆れてしまいました。

東大では新入生約3,000人に対して保護者は6,000人もあるそうです。

学長は開式前に参加する保護者数が年々増えることに
「入学まで子供にいろいろ支援しているでしょうから」と理解を示したうえで
式辞では「自主自立の精神」の大切さを強調されたそうです。

私も大学生になったのだから自主自立の精神で一人で入学式に参加しても
いいのではないかと思ってしまいました。

北海道・東北・九州・沖縄出身の新入生の保護者も入学式に来られたのでしょうか?

全国各地から来られた保護者は多分京都の桜を見るには絶好の時期なので
京都観光も兼ねて子供の入学式に来られた方も多かったのではないかと
推測します。




タグ:京大 入学式
posted by 上杉鷹山 at 14:10| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

建仁寺とは?

テレビや新聞などで建仁寺から盗まれた木造十一面観音座像が
無事建仁寺に返還されたことを伝えていましたが
建仁寺とはどんな寺で京都のどこにあるのでしょうか?

京都新聞出版センター発行の「文化で旅する京都案内」によると
建仁寺は京都・最古の禅寺・臨済宗建仁寺派総本山。

室町時代には京都五山第三位の格式を誇り「建仁寺の学問面」といわれ
幾多の高僧を輩出した。

祇園南側の7万uの広大な境内に整然と
伽藍が並び花街の喧騒と禅寺の静寂が好対照。

方丈に掲げられた俵屋宗達作の有名な「風神雷神図」や
前庭の枯山水庭園が見ものとあります。

四条通りから祇園の花見小路に入り花見小路を真っ直ぐ行くと
突き当たるお寺が建仁寺です。

昨年12月私は祇園へ行こうと京都駅から歩き続け
大きな立派なお寺の広い境内を抜けると
目の前に祇園の花見小路があり驚きました。

そのお寺が建仁寺でした。










posted by 上杉鷹山 at 22:10| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。