2009年01月31日

ミス・インターナショナル日本代表になった女子大生

私が長野に転勤になった1998年4月の2・3カ月ぐらい前の仙台のある朝のことです。
私は通勤途中に長身で綺麗な若い女性が自転車に乗って
私の前を通り過ぎたのを2度見かけました。

彼女は急いでいました。
あまりにも綺麗な女性でしたので
私は何をしている人なのかと思ったのです。

4月になり長野へ転勤になる第1週目の最後の週末に
私はいつものようにスポーツクラブのプールに泳ぎに行きました。

泳ぎ終わり今日で最後でしたので
会員カードとロッカーのキーの返還に受付に行くと
通勤途中に見かけた綺麗な女性がそこにいたのです。

そこで私は彼女に朝2回見かけたことを伝えますと
彼女は「私は農学部(東北大学)の学生で
朝マウスの世話をするために自転車で急いでいました。
最近受付のアルバイトを始めました」と言ったのです。

それを知り私はこのまま仙台にいたかったのですが
そういう訳にもいかないので長野へ転勤したのです。

それから2年後に私は東京に転勤になり4ヶ月過ぎた頃です。
会社の先輩と私の2人は仕事を終えて大田区池上にある会社の寮に帰るため
京浜東北線のJR蒲田駅で下車して東急電車に乗ろうと歩いていくと
1両目の車両のドアから座席に座っている綺麗な女性が目に入ったのです。

私は何処かで見かけたことのある女性だと思いながら
電車の1両目に乗り彼女の前を通り過ぎて2両目に行こうとしましたら
先輩がその女性と一人分空けて座席に座ってしまったのです。

そこで私は引き返して先輩と彼女の間に座りました。
電車が動き出して私は彼女をチラッと見ながら
何処かで彼女に会っていると思いました。

ファッションモデルでもないし長野では見かけたこともないし
神戸なら綺麗な女性がいるので神戸かと思いましたが

神戸でもないし東京に来てまだ4ヶ月なので
そのような女性には会っていないしいくら考えても思いつきませんでした。

過去に出会ったことのある綺麗な女性をいろいろ思い出し
やっと仙台のあの女性だと気づいたのです。

そこで私がその女性にあなたは仙台に住んでおられませんでしたかと
尋ねましたら彼女は黙っていました。
それは当然です。

見知らぬ中年の男性が突然声をかけてきたのだから
彼女は驚いたことでしょう。

それから私は彼女に東北大学農学部やスポーツクラブのことを話しかけましたら
やっと首を縦に振りその時の女性だと分かりましたが
彼女は私のことは覚えていませんでした。

2年半前に1度会い少し話しただけで
会員もたくさんいますので覚えているはずがありません。

電車が池上駅に着きましたら彼女も池上に住んでいたのです。
下車後彼女と名刺交換しましたら彼女は勤め始めたばかりで
大手の食品会社に勤務していました。

その後通勤途中に彼女に会い電車の中で
ミス・インターナショナル日本代表に選出されていたことを
知らされたのです。

驚きましたが彼女なら当然と納得出来ました。
私の美人を見る目に狂いはなかったのです。
posted by 上杉鷹山 at 00:12| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。