2015年03月08日

北陸新幹線開業

いよいよ今月14日に北陸新幹線が開業します。
東京から金沢へは現在上越新幹線の越後湯沢駅で
在来線の特急に乗り換え約3時間50分かかります。

最高時速260kmの北陸新幹線の開業により
2時間28分に短縮されます。
1997年に開業した長野新幹線が金沢まで延ばしたのです。

石川県知事は「開業は100年に一度の節目。県発展の礎にしたい」と話されていますが
喜ばしいことだけではないと思います。
過去の新幹線延伸では
延伸先の沿線自治体から逆に首都圏や大都市にに消費が吸い取られる
「ストロー効果」の影響を受けたり、宿泊せず日帰り観光客が増えたり
地域の足になる並行在来線が不便になったりという
デメリットが指摘されたこともあります。

私は1998年から2000年にかけて2年2カ月長野市で勤務したことがあります。
1998年の長野冬季オリンピックでは多くの観客が長野市を訪れ賑わいましたが
1年後には長野駅近くにあるホテルが閉店しました。

長野市で宿泊していた出張客は新幹線開業で日帰り出張が可能になり
観光客は長野駅から車で奥へ入った市外地域で宿泊するようになりました。

長野冬季オリンピックや長野新幹線の効果は1年ぐらいしか続かず
そごうやダイエーが閉店したことを覚えています。
私はBALLYのかばんを買うために長野駅から新幹線で上京したことがあります。

金沢は北陸新幹線開業で首都圏からの観光客に期待していますが
金沢市内には何度も繰り返して訪れたくなる観光場所がたくさんあるでしょうか?
私は兼六園・金沢城跡・ひがし茶屋街などくらいしか浮かびません。

ということは多分一度訪れたらほとんど訪ねてしまうことができるので
繰り返し来てもらうためには金沢駅から
能登半島・加賀温泉郷(山中、山代、粟津、片山津)・和倉温泉へと足を延ばしてもらい
そして福井県・富山県と共同で観光客を呼び込めば
自然が豊富な地域ですので何度も訪れてくれることになるでしょう。

ファスナー大手のYKKは発祥の地である富山県黒部市に新駅ができることを受け
首都圏に勤務する230人を市内の拠点に移動させることにしたそうです。
コマツは東京本社機能の一部を本社工場のある小松市に移して現地採用を増やし
日機装は地震のことを考え太平洋側の静岡県牧ノ原市から
日本海側の金沢市に生産拠点を移しているとテレビで伝えていましたが
北陸新幹線開業で人の流れが大きく変わることでしょう。





posted by 上杉鷹山 at 16:11| Comment(0) | 北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。