2013年11月20日

仙台転勤による2度めの引っ越し

私は1990年代の初め2年4ヶ月間ほど
神戸で車の並行輸入をやっていました。
既にバブルははじけ輸入車販売が難しくなっていた頃
11月下旬に仙台への転勤を告げられました。

それまで仙台へは2回訪れていました。
一度目は学生時代に同好会仲間と
二度目は出張で来ていました。
以前から東北地方に行ってみたかったし
輸入車販売の可能性も終わりに近かったので
仙台転勤は私にとって大歓迎でした。

仙台への引っ越しは福井への転勤と違い
数社の引っ越し会社に当ることもなく
長距離の引っ越しなので
初めから日通に決めて電話をしました。

日通の社員が当時私が住んでいた会社の寮に訪ねてきて
荷物を確認し翌日段ボール箱を持って来ました。
私の荷物はテレビ・ビデオ・タンス・洗濯機・寝具・
書籍・ゴルフ用具・衣類・石油ストーブ・こたつ・日用品などでした。
なるべく安く速く運ぶということでコンテナーに混載して
貨物列車で仙台まで運ぶということでしたが
神戸から仙台までは2日かかりました。

引っ越しをしたのは12月3日だったと思いますが
温暖な神戸から寒い仙台への引っ越しは時期としては辛かったです。
日通のトラックが午前中に荷物を引き取りに来ましたので
私は午後伊丹空港から飛行機で仙台空港へ移動しましたが
到着した仙台は寒く日没も早かったです。

私はその日と翌日ビジネスホテルに泊まりました。
神戸から荷物は2日後の午前中に配達になりましたが
会社の先輩が探してくれていたマンション?は便利な場所にありましたが
部屋は狭く風呂のお湯は出が悪い欠陥住宅だったのです。
洗濯機は外部に置くようになっていたので
雪が降ると洗濯機が凍結して洗濯が出来なかったです。
その後転居することになりました。

ズバット引越し比較


posted by 上杉鷹山 at 14:05| Comment(0) | 東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。