2012年12月25日

動画をビジネスとして稼ぐ

23日(日)午後9時NHKテレビのスポーツニュースを見ていたら
番組はたったの5分間で終わり次の午後9時05分からは
「特ダネ!投稿DO画ベストヒット2012発表!」という番組でした。

その中でYouTubeの動画を個人で作りお金を稼いでいる
ロサンジェルス在住のアメリカの若者が紹介されていました。
私はYouTubeでどうやってお金を稼くのかと思いましたが
その番組を見て稼ぐ構造がよく分かりました。

世界中で動画を見てくれる人が増えて
動画の再生回数が物凄い回数になれば
いろんな企業がその動画に注目するようになり
その動画にGoogleを通して
広告掲載の依頼してくるから稼げるのです。

日本人では佐々木あさひさんという若い女性が
自分で化粧する様子を撮影した動画を投稿していました。
彼女は退職して動画作成に専念して
自分の化粧方法をいろいろと動画に撮っていました。
彼女の動画の再生回数は2,000万回を超え
世界中の人たちが彼女の化粧方法を見ているのです。

彼女は全く英語がしゃべれないので
顔の表情や表現を豊かにして
動きだけで動画を作成しています。
動画には英語の説明が画面下にありましたが
別に化粧方法を見せるだけですので言葉もいりません。

全くのすっぴんの顔から化粧で変化していく彼女の顔が面白く
目のふちのラインはスプーンの曲線で
まつ毛のカールはスプーンの先の部分を利用して描いていました。
海外からいろんなコメントが寄せられていましたが
これだけ多くの人が見てくれているとなれば
企業も広告を載せてみようと思うだろうし
自社の化粧品を使ってもらいたいとも考えるでしょう。

化粧品会社は一般女性を対象に
動画セミナーを開催して化粧品を使ってもらい
彼女たちによって化粧品の使い方を
より分かりやすく消費者に伝えているのです。
また別の女性は日本中の花火大会の花火動画を作成していて
今までにカメラに5,000万円ぐらい投資していると
言っていたのには驚きました。
何でもそうですが普通一般レベルから突き抜ければ
世間が注目してくれるようになり
ビジネスになるのです。

posted by 上杉鷹山 at 17:17| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。