2012年07月26日

福井市一乗谷の朝倉氏遺跡

IMG_0309.JPG

20日から1泊2日で途中越前大野城に寄ったりしながら芦原温泉に行ってきました。

泊まった宿は「つるや」ですが金曜日なので宿泊客も少なくゆったりと温泉に入浴できました。

つるやは楽天トラベルのホームページで探した宿でしたが
やはり評判通りの宿で大変満足しました。

でも泊まったその日の深夜は雨音が物凄く宿の一部が床下浸水するほどの大雨でした。

翌日は帰る途中に福井市一乗谷にある朝倉氏遺跡に寄ってきました。

一乗谷はSoft bankのCMでお父さんの白い犬の故郷になっているところです。

2年前の2月上旬から約1カ月間放送されたSoft BankのCMでは
福井市一乗谷が舞台になっていたことを御存じかと思います。

赤いマフラーを巻いたお父さん白戸次郎(白い犬)とお母さん(樋口可南子)が
しばらくぶりにお父さんの故郷福井市一乗谷に帰省し
武家屋敷の間を通り抜け雪道を歩いている途中に3人の女子高生たちに出会い

彼女たちの姿を見て自分たちの娘(上戸彩)を思い出したり
福井鉄道福武線北府(きたご)駅で撮影された駅構内やプラットフォームで電車を待って

母親(若尾文子)が住む白戸家の実家に戻り
お父さんの部屋でお母さんが卒業アルバムを見て
お父さんを探しているあのCMです。

2年前の4月の午後0時20分からNHKテレビのお昼の番組「生中継ふるさと一番」は
「遺跡探訪!よみがえった戦国城下町」という題で
福井市一乗谷の朝倉氏遺跡からの生中継をしていました。

一乗谷朝倉氏遺跡は今から400年以上前の1573年に
織田信長の軍勢によって攻め滅ぼされるまで5代約100年余にわたって
越前の戦国大名・朝倉氏一族が華やかな文化を咲かせた都の跡で

昭和42年に発掘調査が始まり
当時のほぼ完全な町並みと多数の貴重な歴史的遺品が発見されています。

その遺跡調査が終わった場所から徐々に城下町の屋敷などが復元されてきていることを
そのテレビ番組を見て知り一度寄ってみようと考えていました。

今から26年前に私は福井市で3年間勤務し
仕事で鯖江市や今立町(現在の越前市)のレースの機屋(はたや)を訪ねた
帰りに一乗谷の遺跡前の道路を通って営業所に戻っていましたが
その当時は写真の朝倉館跡の建物があるだけでした。

しかしテレビ画面を見て
城下町の街並みや屋敷の復元が大きく進んでいるいることに驚きました。

まるで戦国時代映画に出てくるような城下町の街並みなっていました。

当時の一乗谷は京都・堺に次ぐ大きな町だったそうです。

テレビには一乗谷の満開の桜が映っていましたが
福井に行く機会があったら一度一乗谷朝倉氏遺跡に寄ってみようと考えていたのです。

写真の中の水が濁っていますのは前日に大雨が降ったためです。
posted by 上杉鷹山 at 21:22| Comment(0) | 北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。