2012年04月14日

醍醐寺の桜

IMG_0297.JPG

私は3年前の2009年4月の土曜日に
豊臣秀吉が花見をしたことで有名な「醍醐の桜」を見ようと
世界遺産の醍醐寺(伏見区)の総門前まで行きましたら

あまりにも大勢の人出なので
拝観をあきらめて中に入らず周辺の桜だけを見て帰ってしまいました。

そこで今回は平日ならゆっくりと桜を見れるだろうと
昨日の金曜日の午後に醍醐寺に行ってきました。

桜は満開或いは満開を少し過ぎたぐらいでしたが
平日でもかなりの人出がありました。

私はまず最初にテレビ朝日が「報道ステーション」の番組内で
大きなクレーンを使って大々的に
秋の紅葉を中継していたことのある三宝院の庭園を拝観しました。

ところが庭園の写真撮影は禁止と知り
テレビ朝日がテレビカメラを入れて中継したということは
醍醐寺側といろいろ交渉があり

そのうえテレビカメラやクレーンを庭園内に入れるのも
困難な作業があったことだろうと推測出来ました。

庭園は豊臣秀吉が「醍醐の花見」に際して自ら基本設計し
桃山時代の華やかな雰囲気を伝えている見事な庭園でした。

三宝院の大玄関前には大きくて立派な桜の樹が何本かありますが
庭園内には桜の木は一本しかありませんので
秋の紅葉時に訪れると格段と素晴らしいと思います。

その後西大門を入り五重塔・金堂・弁天堂・不動堂・観音堂・無量寿苑を拝観して
周りの桜を見ながら霊宝館に行きました。

霊宝館の庭園内にある桜は期待通り筆舌に尽くしがたいほど綺麗でした。

桜の花をいろいろ見てきましたが今まで見た桜の中でも一段と美しく
やはり京都の桜だと思えるほど華やかなです。

平成館の休憩室はショーウインドのように超大型の長方形のガラスが一面に入っていて
ガラス越しに見る桜はまるで映画のスクリーンに映っているかのような感じでした。

休憩室の椅子に座って見ていると1時間ぐらい飽きずに見ていることが出来るでしょう。
霊宝館の桜は1本1本の樹が美しかったです。

本館・平成館・仏像棟にある展示物も興味があるものばかり素晴らしかったです。
写真の桜は横に枝が広がり全体を映すことが出来ませんでした。

皆さんも機会があれば一度「醍醐の桜」を見に醍醐寺を訪れてみてください。







posted by 上杉鷹山 at 12:08| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。