2011年04月27日

サウジアラビアという国

このブログでサウジアラビアのことを何回か書きましたが
昨日26日の毎日新聞朝刊の「発信箱」は
ジュネーブ支局の伊藤智永さんの「砂漠のヤバーニ」という記事でした。

その記事を読みサウジアラビアは今も全く変わっていないと思いました。
記事の内容は次の通りです。



サウジアラビアを回った。 さる旅行案内書によれば「北朝鮮より入るのが難しい」
宗教国家で巡礼のイスラム教徒を除き観光を原則認めていない。

モスクなどの写真撮影は厳禁。 一日5回の礼拝時は店が全部閉まる。
女性は頭から全身を黒布で覆い食堂で男性と同席できない。

宗教警察が見回り入国カードには「麻薬持ち込みは死刑」とあった。
緊張を強いられしかも日本人は珍しいから歩いていると
木陰や窓辺、広場の一角から鋭い視線を受ける。

こちらから「アッサラーム」(こんにちは)と寄っていくが
すぐに魔法の呪文を知った。

「アナ・ヤバーニ」(私は日本人です)これが効果絶大である。
途端に相手は相好を崩し「オオ、ヤバーン(日本か)、
トヨタ、ソニー、ナバーワン」と冗舌になる。

世界中で日本の好感度は高いが格別な印象だ。
「地震、津波は大変だったな。でも日本なら大丈夫だ」続く。

写真を撮らせてと頼むと「ノープロブレム!」。
日系企業現地法人の代表・副代表で共に滞在歴通産11年の
Tさん(59)とKさん(52)が解説してくれた。

サウジ人は親しくなるとある日おもむろに切り出すらしい。
「仲良くなったんだからそろそろ秘密を教えてくれ。

日本はヒロシマ、ナガサキに原爆を落とされたのにどうやって世界一になったんだ」
この「ヤバーニ神話」話の前段が「敗戦」ではなく
「ヒロシマ、ナガサキ」である点が微妙な勘所である。

当惑した2人は答えるそうだ。 「働け、働け、働け」。
Tさんは福島県出身。 Kさんは約20年前福島第2原発で半年間研修を受けた。

「フクシマは次の日本の強みにできる。 するしかない」。
砂漠のヤバーニはたくましかった。




以上が記事ですが私が当時現地で感じたことと全く同じなのです。
サウジアラビア人は日本に対しては絶大な信頼を持っているのです。


posted by 上杉鷹山 at 10:41| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

海パンカメラマン

テレビ番組に戦場のカメラマンが頻繁に登場しているので
本当に戦場に行っているのかと疑わしくなってきますが
私は海パン一丁のカメラマンが登場したのには驚いてしまいました。

昨日、読売テレビ(日本テレビ系列)くりぃむしちゅーの上田と有田が司会を務める
スター・ドラフト会議(午後8時54分ー午後10時48分)に
海パン姿でグラビアアイドルの写真を撮るカメラマン野澤亘伸が登場しました。

彼はカメラマンとして確かな技術を持っているとのことでしたが
番組内でモデルの女性の気持ちを盛り上げるため
自分も衣服を脱ぎ海パン一丁の裸になってモデルに迫り写真を撮っていました。

島田紳助の「行列のできる法律相談所」に登場した時のビデオも流されましたが
グラビアアイドルの森はるかとカメラマンの野澤がお互い水着姿になって
観覧者もいるテレビスタジオで互いに高めあって写真を撮っているのにはビックリです。

写真撮影の現場にはたくさんのスタッフたちがいますので問題ないでしょうが
二人だけの現場ならお互い最後は水着を脱いで
エッチまで行ってしまうのではないかと危惧してしまいました。

スター・ドラフト会議のゲスト相武紗希の写真もカメラマンが撮っていましたが
案外若い女性は面白がってノリで撮られているのかもしれません。
一緒に出演していたマツコデラックスの写真は勘弁してほしかったです。

彼には数社からオファーがあり関西テレビに出演も決まっているそうです。
でもこのカメラマンがテレビに登場する時間帯としては早すぎ
子供たちも見ていますので彼の登場は適切ではなかったと思います。
posted by 上杉鷹山 at 14:44| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。