2010年12月04日

武将に変身

先日京都五花街(かがい)の一つ宮川町を歩いていましたら
お店から五人の変身舞妓が出てきました。

そしたら彼女たちの後から男性が変身新撰組として現れたのです。

舞妓に変身させてくれるお店があることは知っていましたが
男性も変身して新撰組になれることを初めて知りました。

本日毎日新聞朝刊の「雑記帳」に面白い記事を見つけました。


京都市右京区の太秦で時代劇撮影用の小道具を扱う高津商会
3日戦国武将への変身プランを発売した。

舞妓を体験できるプランは多いが武将は珍しい。
ファンの要望で実現。撮影で使われた甲冑を着けて記念撮影できる。

侍大将から武田信玄や真田幸村ら有名武将までそろい
基本料金は30分5,000〜2万3,000円。

オプションで東映太秦映画村や嵐山などロケ地での出張撮影も可能だ。
ただし鉄製の甲冑の中には重さ20キロを超えるものもあり
「武将萌え」の歴女は身動きに苦戦するかも。

記事はここまで。

私でも一度武将に変身してみたいと思うような企画ですので
宣伝すれば需要はかなりあるのではないでしょうか。
外国人の観光客にも喜ばれると思います。
posted by 上杉鷹山 at 21:01| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。