2009年10月20日

天地人

私は仙台で勤務していた時に米沢(山形県)に2度行ったことがありますが
何故米沢に上杉謙信を祀る上杉神社があるのか不思議に思っていました。

私は長野市で勤務した時には郊外にある川中島の合戦の地に行きましたが
この地で越後の上杉謙信、甲斐の武田謙信が相まみえているのです。

川中島には両武将が戦う有名な姿の大きな像が記念に建てられています。
それなのに上越から遠く離れた米沢に上杉神社があり上杉謙信の銅像もあるのです。

この私の疑問はNHKテレビの「天地人」によって解消されました。

昨年の篤姫、今年の直江兼続と私の知らない人物が大河ドラマの主人公ですが
両作品とも非常におもしろく歴史の勉強になります。

上杉家は上杉景勝の時に豊臣秀吉によって
越後から会津に120万石に加増移封(いほう)されましたが

秀吉方の上杉は関ヶ原の戦い後に徳川家康によって30万石に減移封され
米沢に移ったのです。

「天地人」を見ていると上杉神社に参拝したくなりました。

※移封とは大名などを他の領地へ移すこと。国替え。
posted by 上杉鷹山 at 17:44| Comment(0) | 人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。