2009年03月20日

インターネットビジネスを始める心構え

本日京都の烏丸御池にあるビル葆光(ホーコー)でインフォトップ主催の
「インターネットビジネスの始め方」というセミナーが
午後1時から6時まで開催されました。

参加者は定員の70名。

講師は菅野一勢さんと石原誠二さんのお二人でした。

ここでは菅野さんが話されたビジネスをする心構えを書いてみます。

インターネットビジネスではすぐに収入にならないので
途中で挫折しまう人がかなりいるとのことです。

インフォトップのアフィリエイト登録数は11万5000人ぐらいですが
月3万円以上の報酬を得ている人はたった1000人だそうです。

●ついていなくても自分はついていると言う癖をつけること。

斉藤一人さんと同じこのビジネスマインドを持つことが非常に大事である。

●そして感謝の言葉を言うこと。

●完璧を求めないで出来る範囲で取り敢えずやってみること。

●自分で全てをやらないで他人を使いビジネススピードを上げること。

心構えとしてこの4点を話されていました。

posted by 上杉鷹山 at 23:16| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

アラブ商人との交際法

エミレーツ航空が関空・中部空港からアラブ首長国連邦のドバイに
直行便を飛ばしていますので日本人が観光でドバイを訪れています。

中近東と日本の距離が昔と比べてはるかに近くなっていますが
商売では日本人は今も苦労しているのではないでしょうか。

私が昔中近東と商売していた頃に教えてもらった「アラビア人とつきあう法」とは
「アラーの神が許し給うなら」 「明日があるさ」 「ご心配なく」
の三つがアラビア人の特徴であることです。

それぞれアラビア語で「イーシャラ」 「ブクラー」 「マーレーシュ」といい
そのイニシアルを並べた「IBM」が彼らの精神構造になっています。

おもしろい期待の持てる市場でありますがIBMゆえに商売人のつきあいも
あせらず、あてにせず、あきらめずの”三あ主義”が肝心です。

日本での商売のやり方をそのまま現地でやると
契約が契約でない世界ですから全く商売が上手く進行せず
日本と現地の間に入ってノイローゼになってしまうでしょう。


posted by 上杉鷹山 at 23:01| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

越前そば・越前がに

今日の毎日新聞朝刊に北陸新幹線福井駅完成という記事が載っていました。

父の福井転勤でJR福井駅に初めて降りたってから35年以上も経ちましたが
JR福井駅は新しくなってしまいました。

それに合わせて北陸新幹線福井駅を建設していましたが
その駅が完成したと言うのです。

特に全国の新幹線の駅は主要駅以外どの駅に降りたっても同じで
駅名を見なければここがどこの駅か区別がつき難いです。

日本人の皆と一緒という発想です。

各地方のそれぞれ特色ある駅舎にならないのでしょうか?

北陸新幹線が走るのは早くても2018年以降だそうですが
北陸新幹線が走れば福井県は完全な関西圏になってしまうでしょう。

私には前のJR福井駅が懐かしく昔のままでいてほしかったです。

駅舎が新しくなっても福井県の名産である越前そば・羽二重餅は変わらないでしょう。

以前日経新聞で読みましたが郵便局ゆうパックの全国のお取り寄せでは
一番人気があるのが越前そばと載っていました。

越前そばと言えば大根おろしを使った「おろしそば」です。

芦原温泉のホテルに泊まり「越前そば」と「越前がに」を食べたいです。








posted by 上杉鷹山 at 13:45| Comment(0) | 北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

建仁寺とは?

テレビや新聞などで建仁寺から盗まれた木造十一面観音座像が
無事建仁寺に返還されたことを伝えていましたが
建仁寺とはどんな寺で京都のどこにあるのでしょうか?

京都新聞出版センター発行の「文化で旅する京都案内」によると
建仁寺は京都・最古の禅寺・臨済宗建仁寺派総本山。

室町時代には京都五山第三位の格式を誇り「建仁寺の学問面」といわれ
幾多の高僧を輩出した。

祇園南側の7万uの広大な境内に整然と
伽藍が並び花街の喧騒と禅寺の静寂が好対照。

方丈に掲げられた俵屋宗達作の有名な「風神雷神図」や
前庭の枯山水庭園が見ものとあります。

四条通りから祇園の花見小路に入り花見小路を真っ直ぐ行くと
突き当たるお寺が建仁寺です。

昨年12月私は祇園へ行こうと京都駅から歩き続け
大きな立派なお寺の広い境内を抜けると
目の前に祇園の花見小路があり驚きました。

そのお寺が建仁寺でした。










posted by 上杉鷹山 at 22:10| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

谷村奈南の出身高校

何回か前の明石家さんまの「恋のから騒ぎ」に
谷村奈南がゲストとして出演していました。

マスコミで話題になっている谷村奈南ですが
じっくり見るのは初めてでした。

彼女が魅力的でしたのでその番組を最後まで見てしまいました。

そしたらレギュラー女性陣の中に
彼女の中・高校の同級生の大学生がいて
二人の会話から彼女たちの出身中学・高校が判かりました。

その中学・高校は近鉄奈良線学園前駅(奈良市)にある
帝塚山学園の帝塚山中学・高校です。

私は大阪・難波や関空に行く場合は近鉄奈良線を利用するのですが
大阪の高級邸宅街帝塚山にあるお嬢様学校帝塚山学院と帝塚山学園は
どういう関係なのか知りませんでした。

そこでPCで調べてみると
姉妹校帝塚山学院の創立25周年に記念事業として
帝塚山学園が設立されましたが別法人です。

私は帝塚山高校生の平成20年度の進路状況を見て
卒業生が有名大学に進学していることを知りました。

奈良県の進学校と言えば東大寺学園が有名ですが帝塚山高校も凄いです。

国立大135名(東大2名 京大22名 阪大12名 神大14名 奈良女大5名)
で同志社64名 立命館92名 早稲田23名となっているのです。

谷村奈南が青山学院大に進学出来たのも当然です。

谷村奈南のプロフィールによると
幼少の頃は日米を往復していた帰国子女で大阪府池田市の出身です。

ということは中学・高校時代の通学は
阪急宝塚線・JR環状線(或いは地下鉄御堂筋線)・近鉄奈良線の3線を
利用しなければならずかなりの長距離です。

谷村奈南は高校ではガリ勉で成績上位だったそうです。

彼女がますます格好よく思えてきたのです。


posted by 上杉鷹山 at 14:38| Comment(1) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。